WiLL (ウィル) 2014年 03月号 [雑誌]

制作 : 花田紀凱 責任編集 
  • ワック
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910183970341

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この時のwillでは、やしきたかじんが亡くなって、辛坊治郎や勝谷誠彦の寄稿による追悼特集が組まれた。東京都知事選もこの頃で、訳のわからぬ細川、小泉コンビに対し、堤堯が辛辣なコメントを吐いている。

    世界は時と共に少しずつ変わっていて、既に今は過去のこと。社会になにも影響を行使せぬ現状は惰眠を貪るに過ぎない。人生を賭けて夢中になれるようなものに出会えるだろうか。自分次第、なのだろうが。

  • 日本は世界に英語で情報発信をしていくべき。

  • 面白い。
    こういう、思想的に偏った雑誌を買って読んだのは初めてだが、主張が明確で、受け入れるにしろ、拒絶するにしろ、判り易い。
    偏った主張を常識のように、かつヒステリックに、洗脳的に繰り返す大マスコミなんかよりよっぽど面白い。
    やしきたかじんの追悼記事と、谷岡一郎先生の寄稿があったから読んでみたのだけどね。
    いずれにしろ、歴史と言うものは事実を先ずきちんと教えなければいけないし、学ばなければいけない。
    その上で何をどう主張しようが、それは自由である。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする