猫を棄てる 父親について語るとき (文春e-book) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.52
  • (9)
  • (24)
  • (25)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 253
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (63ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 亡くなった父親との関係を基調に自身のルーツを辿っていく随想記。初出の月刊文藝春秋掲載時に読み、先月香櫨園界隈を散歩したら、あらためて読みたくなって…。

    話は、著者が小学生の頃に暮らしていた西宮 夙川からほど近い香櫨園浜に父と猫を棄てに行った思い出から始まる。帰宅してみれば、棄てたはずの猫がなぜか先に家に戻っていた。父は〈呆然とした顔〉から〈感心した表情〉になり〈いくらかほっとした顔〉になった。それは忘れ難いものとなった…。余談だけど、北野武の場合は犬だけど、これによく似たエピソードを語っている。

    ファンタジーめいた、微笑ましいエピソードの下りには穏やかな空気が立ち昇るも、父親の人生を大きく揺さぶり、以降の人生と精神を激変させた戦争体験の話に至ると、途端に筆致は変わる。

    村上春樹の父 千秋氏は1917年(大正6年)京都 浄土宗の寺の次男として誕生。二十歳で召集され、中国へ渡る。著者は、自身が小学生の低学年の頃、『所属した部隊で、中国人捕虜を処刑した』と父親から打ち明けられる。

    《中国兵は、自分が殺されるとわかっていても騒ぎもせず、恐がりもせず、ただじっと目を閉じて静かにそこに座っていた。そして斬首された。実に見上げた態度だった、と父は言った。彼は斬殺されたその中国兵に対する敬意を―おそらくは死ぬときまで―深く抱き続けていたようだった。》

    こんな話を聞けば、幼くても、軍刀で人の首がはねられるという残忍な光景は眼前に浮かぶ。心的外傷を与えかねない強い衝撃と、戦争に対する恐怖やエグさが心に深く刻まれる。

    結果として、父から継承を受けた『戦争の擬似体験』を作家となった息子は幾度となく戦争体験を作中人物に語らせるシーンを登場させる。『ねじまき鳥クロニクル』では、1934年の中国とモンゴル国境のノモンハンで、モンゴル軍と衝突したノモンハン事変、『騎士団長殺し』では、1937年の旧日本軍の占領下で起きたとされる『南京事件』を。

    さて著者と父親の関係は、作家となり、関係は次第に疎遠になっていく。父は二度の召集により勉学を中断せざるを得なくなり、方や息子は勉強より好きな事に熱心になり、父を落胆させたことを後ろめたく思うようになる。以降20年余、顔を合わせることはなく、2008年に父親が亡くなる少し前にようやく和解。

    そこから、自身のルーツを辿る格好で、父親の軍歴も詳細に調べ、父親の生涯を縦軸にノンフィクションタッチで話は展開する。

    一般に『歴史』というと、時代の移り変わりと
    いった大きな時間の流れを指しているような思うが、個人や家族の内側にも歴史は存在する。教科書で習う第二次世界大戦も、父親の戦争体験を知ることで、それはたちまちにして、身近で現実性を帯びる。ただ、自分の中にある痛切な記憶は、概して口は重くなりがちではありますが…。

    本書は、父のオーラルヒストリーを端緒に、小説家 村上春樹の小説家という肩書を下ろし、村上千秋の息子 春樹として『顔』が随所に見られた稀有な随想記である。

  • 村上春樹さんがお父様について語った本として話題になりました。
    お父様について少し、京都のお寺の6人兄弟(男ばかり)の次男として生まれ、お坊さんの学校を出た後京都帝国大学の文学部で学ばれ、俳句同好会で句を詠んだり、もちろん勉学にもいそしまれ、とにかくまじめなで優秀な方だったらしいです。
    その間に徴兵されて(対中戦争)中国戦線に送り込まれる。
    実は村上さんが長らくお父様について触れられなかったのは、この戦争体験が大いに関係していたのでした。
    村上さんはある疑惑を持っていて、その事実を知ることを避けてこられたのです。
    しかしお父様がお亡くなりになりはっきりさせたくて、関係者の方々の話や、残された手記などから、お父様はその事件に関わっていなかったという確信をされ、肩の荷を下ろされたということですね?
    そしてやっとお父様ときちんと向き合って、冷静に過去を振り返ることができたということですね?
    20年以上疎遠で亡くなられる少し前に再開し、和解のようなことをしたとあります。
    お父様にはお父様の思い、村上さんには村上さんの思い、お互いわかっていても譲れないものがあるし、親子なので頑なな性格も似ているだろうし、そういうことですよね?村上さん?

    文芸春秋の単行本を読みました。

  • 自分がここに居ることの不思議と必然

  • 村上春樹が主に自分の父について、あとはちょこっと母について書いた短い本。
    詩を書くようなお父さんの息子だから、この文章のセンスが身についたのかな?などと思いながら読んだ。
    「猫を棄てる」というタイトルながら、猫の話はそんなに出てこない。ほぼ戦争の話。父が徴兵されてナントカ隊に・・・という話が、短い本ながら延々と続くのだけど、そんな話でも読ませてしまうのがすごい。
    でもすごいのだけど、NHKの「ファミリーヒストリー」でやれよ、という気もした。まぁ「父は中国人の捕虜が殺されるのを見たと言っていた」なんてNHKじゃ無理か。
    政治的に色々言いたいこともありそうだ。

    ねじまき鳥とか1Q84とかの元になったようなエピソードがちょいちょい出てくるのが面白かった。そしておじいさんの名前が「騎士団長」の免色さんにすごい似てた。

    父と母の歴史と思い出話が終わっての終章はさすがに素敵な文だった。

    「猫を棄てる」というタイトルを聞いた時に、何となく昔の短編「納屋を焼く」を思い出した
    「納屋~」のフォークナーのように元ネタとか比喩的な意味があるのかと思いつつ読んだら、意外にストレートに猫を棄ててたのだけど、読み終わってちょっと経って、やはり猫は何かのメタファーなのだろうと考えるようになった。例えば中国人、父、戦争により変えられた父自身の人生。

  • 戦争の体験が父親の人生に影響を与え、自分も今ここにいる。
    歴史は過去ではなく、現在への回廊なのだ。

  • 久々の村上春樹。タイトルがすごく残酷な感じがしたけど、なるほどと。あの村上春樹も、一人の人間で、一人の子供なんだなと。当たり前のことだけど。運命ってすごいもので、いろんなことがその通りに動いてきたから今があって、一つでも違ったら、違う運命になって、それが当たり前の事実になっているわけで。不思議。

  • なぜ書籍版が登録されてないのかな。ブクログの利用者は電子書籍を利用する方が多いのでしょうか。
    自分は書籍版で読みましたが、たんたんとした文章は著者ならではで、父親の思い出を語るには相応しい文体かも。
    特に劇的なエピソードが語られることもないのに沁みる。さすがの筆捌きだ。

  • 猫を棄てにいくという父親との思い出から始まって、最後も子猫の話で締められている。
    春樹さんの父親について。興味深く読ませていただきました。ー 言い換えれば我々は、広大な大地に向けて降る膨大な数の雨粒の、名もなき一滴に過ぎない。固有ではあるけれど、交換可能な一滴だ。しかしその一滴の雨水には、一滴の雨水なりの思いがある。一滴の雨水の歴史があり、それを受け継いでいくという一滴の雨水の責務がある。我々はそれを忘れてはならないだろう。 
    高研さんの挿絵が落ち着いたトーンでとても素敵です!

  • 文芸誌に掲載されたとき読んだけど、やっぱり単行本も買いました。村上春樹氏がずっと避けてきた(?)、父親について回顧した短編。短い話なので、イラストを入れて単行本として出版したとのことです。イラストもとても素敵なので購入の価値ありです。
    父親が亡くなってから、彼の軍歴を調べ、父親を理解しようとする。しかし生きている間に(父親が元気なうちに)わかり合えなかったことはやっぱり悲しいことだな、と思う。著者は仕方がないことで、自分にはそうするしかなかった、と振り返るが、村上春樹が大好きな一人のファンとして純粋に悲しい。
    最後の方に、「この文章においてい僕が語りたいのはたった一つのことだ」と著者は結ぶ。我々は、広大な大地に向けて降る膨大な数の雨粒の、名もなき一滴に過ぎない。しかしその一滴の雨粒には、一滴の雨粒なりの思いがある。たとえそれがどこかにあっさりと吸いこまれ・・・・
    なんて素敵な文章なのだろう。私はどこかに吸い込まれていく一滴の雨粒になっている自分を思い浮かべる。それは少しも悲しいことではなく、だから生きているのだな、と思うことができる。

  • 村上春樹さんが語る父親とは、、、。挿絵を眺めているとノスタルジックで、幼少期の村上さんがそこに居るみたいに感じました。なんとなく村上さんとお父様の性格が似ている部分もあるように感じがしました。親子なんだなぁ、と。淡々と書かれてるようにも思いますが、書きたくない部分もあったみたいですし、その内容はどんな事柄だったのか知りたいような知りたくないような、、、。村上さんのファンなら読んでおきたい一冊だと思いました。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

猫を棄てる 父親について語るとき (文春e-book)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×