審問(上) (講談社文庫)

3.30
  • (22)
  • (44)
  • (178)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 628
レビュー : 35
制作 : 相原 真理子 
マッピーさん  未設定  読み終わった 

ストーリー展開のスピードが上がってきたとともに、ケイの、ヒステリックなまでの情緒不安定なところとか、最終的に周りの人を信じないところとかが、彼女の幼少期の体験に原因があるらしいことがわかってきた。

うん。うん。
そうこなくっちゃ。
理由もなくあの性格なら、ちょっとこの先ついて行けそうもなかったけれど、これで安心して読み続けられる…かもしれない。

今回の話は、前作で〈狼男〉に襲われたケイが、職場から、地域から、孤立していく様子が克明に描かれている。

「警察のものです」と言った〈狼男〉に対して、家のドアを開けてしまったケイのことを、世間の人々は非難する。
「なぜドアを開けた?」
いつの間にかケイこそが、〈狼男〉を殺害すべく呼び出したのではないかという憶測まで流れて。

仮にも被害者であるケイが社会的に糾弾されて、加害者であるはずの〈狼男〉の方が社会的に守られる。
それは無責任で扇情的なマスコミと、政治的というか、組織の論理のごり押しのせいなのだけど。
さすがにそれはやりすぎではないか?と少し前なら思っただろう。
だけど、最近の相撲界を見ているとねえ。
あるんだねえ、そういうことって。なんて納得してしまう。

下巻では当然審問中心になると思われるが、話がどう転ぶのか、とても楽しみ。

レビュー投稿日
2018年1月13日
読了日
2018年1月13日
本棚登録日
2018年1月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『審問(上) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『審問(上) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする