君はどこにでも行ける

3.78
  • (49)
  • (114)
  • (77)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 900
レビュー : 102
著者 :
シミズさん エッセイ   読み終わった 

基本的に著者は首尾一貫してやろうと思ったことを独自にしっかり考えた上で(また失敗を恐れずに)迷わず実行していく、というスタンスがあり、それは特別なことではなく誰にでもできるんだよ、という本。

と書くと「そんな内容別に珍しくないやん」と感じるかもしれないが、各国の良いところ/ダメなところを比較して、その上でこうしたらもっと良くなることを経験した上で考えていて押しつけがましくないところが良い。

また、時間は命である、高くても良いから命を削らないで欲しい、その時間に命を削る価値があるのか考えて欲しい、という言葉はものすごく思いやりがあると思うし、おそらくこれからの未来ある若者に対して心から期待と応援をしているんだろうな、と感じた。ホリエモンすごい。

レビュー投稿日
2019年6月23日
読了日
2019年6月12日
本棚登録日
2019年6月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『君はどこにでも行ける』のレビューをもっとみる

『君はどこにでも行ける』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする