文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)

3.73
  • (723)
  • (750)
  • (1361)
  • (56)
  • (7)
本棚登録 : 6023
レビュー : 534
著者 :
おまんたせさん  未設定  読み終わった 

明慧寺という閉鎖された空間内での坊さんたちの様々な感情が渦巻いているところや、仁秀の動機、そして
京極堂ですら敗北を認めざるを得ない「禅」という概念に恐れを感じ、そうしたところがこの作品の雰囲気を漂わせている。
山下が常信の言葉の意味をようやく解った気がすると言ったところはなんだかじーんとくるな。

レビュー投稿日
2019年6月4日
読了日
2019年6月2日
本棚登録日
2019年5月23日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする