仮面の告白 (新潮文庫)

3.55
  • (438)
  • (646)
  • (1327)
  • (98)
  • (19)
本棚登録 : 6716
レビュー : 591
著者 :
あやこさん 現代文学   読み終わった 

 ものすごく簡潔に言うと、同性愛者である主人公の青年が、女性との恋愛を試みる話。女性に対する不能を自覚し、社会に適応しようと孤軍奮闘する苦悩は、計り知れないと思う。

 今やLGBTという言葉が世界的に認知されているが、この小説が書かれた昭和25年には無論そんな概念は存在しない。男に生まれたからには、20を過ぎれば女と結婚し、子をもうける以外に選択肢もない時代。当時どんなふうにこの小説が世間に認知されていったのか、すごく気になるところである。
 なぜこの小説が三島の代表作となり、長く読まれ続けるのか。その理由は、誰しも身に覚えがあるだろう「自己欺瞞」にあるのではないかと思う。世の中、本当はやりたくないけどやる、社会が許さないから、なんてことばかり。人間は社会的な生き物だなあと、つくづく思わされる作品でした。

レビュー投稿日
2017年4月3日
読了日
2017年2月19日
本棚登録日
2017年2月19日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『仮面の告白 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『仮面の告白 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『仮面の告白 (新潮文庫)』にあやこさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする