連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)

3.62
  • (271)
  • (672)
  • (569)
  • (127)
  • (24)
本棚登録 : 3973
レビュー : 672
著者 :
chie0305さん  未設定  読み終わった 

中山七里さんの作品らしくないグロさと後味の悪さ。内容的にはあまり好きではないけれど、展開の上手さという点では凄い!と言わざるを得ない。少し前に読んだ秋吉理香子さんの「聖母」の時にもこんな感想を持った。過去と現在、ナツオと夏緒、男の子と思わせておいて女の子、善人と見せかけて黒幕。ああ、騙された。嫌いだけど、面白かった!

レビュー投稿日
2017年3月31日
読了日
2017年3月31日
本棚登録日
2017年3月31日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)』のレビューをもっとみる

『連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)』のレビューへのコメント

ひとしさん (2017年7月26日)

チエさん、お久しぶりです!
ちょっとブクログのお知らせブログを見てください!カエル男の文庫に私のレビューが載りました(笑)

ひとしさん (2017年7月27日)

いやいや、そんな大したもんじゃないですけど、びっくりしましたよ(笑)
俺もチエさんのレビューは参考になります。
今日本も届けてもらったので、記念にします(*^^*)

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする