文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)

3.92
  • (891)
  • (586)
  • (1040)
  • (20)
  • (8)
本棚登録 : 5315
レビュー : 484
著者 :
dai-4さん ミステリ   読み終わった 

一番分厚い文庫本らしい本作を、圧倒的重厚感とともに読了しました。会話文主体でサクサク読めるとはいえ、それでもさすがに結構時間かかったす。登場人物がごっちゃになってくるっていうきらいはあったけど(美人姉妹なんか特に、誰が誰だか…)、それでもさすがに長い物語の中では、それなりの輪郭が掴めるようにはなったし、そんなに大きな問題ではなかった。色んな要素が絡み合いながら、最終的に中心に居座る蜘蛛に収斂していく展開は、ドキドキスリリングなものでした。京極堂が半分以上読み進むまで出てこなかったり、関口が最後の50ページくらいしか出なかったりっていう、違う意味での驚きもあり。女郎を題材に繰り広げられるフェミニスト論も興味深かったです。

レビュー投稿日
2016年8月15日
読了日
2016年8月13日
本棚登録日
2016年8月13日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする