森が消えれば海も死ぬ―陸と海を結ぶ生態学 (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社 (1993年7月1日発売)
3.53
  • (2)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 8
5

あらすじ:
森の栄養が海の生物を育てる
昔から漁民たちは、海の魚介類を増やすためには湖岸、川辺、海岸の森林を守ることが大切だということをよく知っていて、この森のことを「魚つき林」と呼んでいました。森の栄養分が海の生物を育てるのです。しかし、現在では、これを知っている人は、漁師以外にはほとんどいません。本書は、長年、森・川・海をひとつながりの生態系としてとらえ、研究し続けてきた著者が、自身の体験談をまじえながら、陸の森と海の生物との深いつながりを語り、地球環境にはたす森林の大きな役割を紹介するものです。

かんそう:
正月に読んだ本。
もっともっともーーっと昔に読んでいたらよかった。
ためになりました。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 本。
感想投稿日 : 2009年8月3日
本棚登録日 : 2009年8月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする