四畳半神話大系 (角川文庫)

3.91
  • (2178)
  • (2715)
  • (1974)
  • (315)
  • (86)
本棚登録 : 21324
レビュー : 2124
著者 :
DKさん    読み終わった 

四畳半でくすぶっている「私」は回想する。あの時、●●サークルに入っていたら、というifストーリィを4編繰り返すという構成の短編集。だが、結局どうやっても最も忌避すべき悪友・小津との付き合いやそれに纏わる騒動は付いて回り、やっていることや思っていることはほぼ同じというリミックス。冴えない男共がむにゃむにゃと思索しながらちょっぴり風変わりな事件を巻き込まれたり、起こしたりという森見節はそのままに最終話では少々SFチックな展開に行き着くあたり「神話体系」たる所以だろう。そして、最終的に落ち着くところは人の繋がりということなのか。なんだかんだで全てハッピィ・エンドで小気味良い後味だった。

レビュー投稿日
2018年6月13日
読了日
2018年6月1日
本棚登録日
2018年6月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『四畳半神話大系 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『四畳半神話大系 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする