天帝妖狐 (集英社文庫)

3.52
  • (665)
  • (831)
  • (2200)
  • (131)
  • (16)
本棚登録 : 7588
レビュー : 737
著者 :
更紗さん  未設定  読み終わった 

夜木の手紙の最後の文章が印象的な作品でした。 彼はこれからの長い時間、孤独と絶望の中で過ごしながらも、きっと杏子との思い出を胸に生きていかなければならないのでしょう。 それは幸せなことのようでもあり、寂しいことのようにも思えます。 どうか神様、夜木を救って下さいと、お願いですから彼を呪いから解放してくださいと、思わずにはいられませんでした。 哀しいですが、優しく胸を打つ作品です。

レビュー投稿日
2012年1月10日
読了日
2012年1月10日
本棚登録日
2012年1月10日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『天帝妖狐 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『天帝妖狐 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする