人質の朗読会 (中公文庫)

3.68
  • (97)
  • (173)
  • (165)
  • (35)
  • (4)
本棚登録 : 1636
レビュー : 192
著者 :
eye76さん 小説-日本   読み終わった 

初読

予想外のプロローグ、そのあまりの結末にこれから
語られる物語とどう向き合っていいのかわからず
結局トリッキーな短編集なのかな…と思ったりしたのだけど
「自分の中にしまわれてる過去、未来がどうあろうと決して失われない過去」を
語る人質達、それを傍聴する特殊部隊の「ハリキアリ」の物語
を最後に読む事によって、この「悲劇的」な死は
彼らの一つの部分に過ぎない、生の物語。
であるのだなぁと気付く。
乳癌で亡くなった小林麻央ちゃんが
「癌になったからといって、私の人生が不幸になったわけではない」
と語っていたのを思い出したりして。

レビュー投稿日
2018年2月14日
読了日
2018年1月30日
本棚登録日
2018年2月14日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人質の朗読会 (中公文庫)』のレビューをもっとみる

『人質の朗読会 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『人質の朗読会 (中公文庫)』にeye76さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする