新装版 テロルの決算 (文春文庫)

4.04
  • (76)
  • (91)
  • (50)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 729
レビュー : 77
著者 :
georgebest1969さん  未設定  未設定

刺す方、刺される方、両者に等しい眼差しをあて、イデオロギー的に立場を取らず、クールに、しかし情熱的に文章を編んでいく。実に素晴らしいドキュメンタリーだ。ちょっとした一文が優しく、かつ重い。

浅沼は幼少の一時期を除いて、血のつながった人間との「狎れ合った」関係の中で生活したことがなかった。義母という他人、友人という他人。結婚しても子供が生まれなかったから、彼の身の回りには妻という他人、幼女という他人、秘書という他人しかいなかった。234ページ。

みたいな、ちょろっとでてくる、どきりとする文章が。

レビュー投稿日
2012年8月18日
本棚登録日
2012年8月18日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 テロルの決算 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『新装版 テロルの決算 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする