沢木耕太郎のおすすめランキング

プロフィール

さわきこうたろう
作家。
1947年、東京都生まれ。横浜国立大学卒業。79年『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、82年『一瞬の夏』で新田次郎文学賞、85年『バーボン・ストリート』で講談社エッセイ賞、93年『深夜特急第三便』でJTB紀行文学大賞、2003年それまでの作家活動に対して菊池寛賞、06年 『凍』で講談社ノンフィクション賞を受賞。近著に、短編小説集『あなたがいる場所』、エッセイ集『ポーカー・フェース』、児童書『月の少年』、絵本『わるいことがしたい!』などがある。

「2013年 『いろは いろいろ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沢木耕太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

沢木耕太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『深夜特急1-香港・マカオ- (新潮文庫)』や『深夜特急2-半島・シンガポール- (新潮文庫)』や『深夜特急3-インド- (新潮文庫)』など沢木耕太郎の全258作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

深夜特急1-香港・マカオ- (新潮文庫)

10406
3.95
沢木耕太郎 1994年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20数年ぶりに再読。当時との違いは、沢木さんが旅した国で、行ったことのあるところが増えたこと。そして、海外に住むという経験をしていること。どんな新しい印象... もっと読む

深夜特急2-半島・シンガポール- (新潮文庫)

6294
3.84
沢木耕太郎 1994年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりの再読。第2巻は、バンコク、KL、ペナン、マラッカ、そしてシンガポール。 この巻で好きなところは、香港を出てからずっと満たされない気持ちを抱... もっと読む

深夜特急3-インド- (新潮文庫)

5968
3.92
沢木耕太郎 1994年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。第3巻はインド、ネパールの旅。この巻がこの旅の一つのハイライトだと思います。インドのカルカッタで路上に座る人から足をつかまれたり、ガンジス川で人が焼... もっと読む

深夜特急4-シルクロード- (新潮文庫)

5301
3.84
沢木耕太郎 1994年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「人々の親切が旅の目的そのものになっている。 旅にとって大事なのは、名所でも旧跡でもなく、その土地で出会う人なのだ」という著者の思いは 旅が物見遊山ではな... もっと読む

深夜特急5-トルコ・ギリシャ・地中海- (新潮文庫)

5149
3.85
沢木耕太郎 1994年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沢木耕太郎さんの深夜特急の旅はテヘランからイランの国境を越え 隣国・トルコへと入りイスタンブールへと向います。 沢木さんはこの当時26歳位だったか... もっと読む

深夜特急6-南ヨーロッパ・ロンドン- (新潮文庫)

5079
3.88
沢木耕太郎 1994年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最終巻の本書を読み終えてしまった。 長い間気になりながらようやく読み始めた本書は、まるで自分が若い時に描いていた夢を代わりに叶えてもらっているようなワクワ... もっと読む

旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)

1761
3.92
沢木耕太郎 2011年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紀行小説「深夜特急」シリーズの著者による<旅>論の集大成となる長篇エッセイ。 自分も21歳の頃、一人バックパックを背負って鉄道で1ヶ月半かけて欧州を... もっと読む

凍 (新潮文庫)

1717
4.22
沢木耕太郎 2008年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やー…すごい本だ。というかすごい人たちだ。自分が好きなものを知っていて、それに全力で取り組んだ人って、たとえ手足の指18本無くしても動じない。妙子さん素敵... もっと読む

敗れざる者たち (文春文庫)

999
3.75
沢木耕太郎 1979年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20200511 事実を追っているので経過についてどう捉えるかがポイント。タイトル通り、勝ち負けはどう判断するか。勝負としては明確なのだが本人がどう思うか... もっと読む

バーボン・ストリート (新潮文庫)

841
3.53
沢木耕太郎 1989年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

関口良雄の『昔日の客』という渋い装丁のエッセイを読んでいたら、関口さんが登場すると言うエッセイがあるとのことでお借りする。沢木耕太郎はアンソロジーでよんだ... もっと読む

キャパの十字架

782
3.89
沢木耕太郎 2013年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沢木耕太郎にとって、ロバート・キャパが特別な1人であることは間違いない。 自分と似ていると感じ、折りに触れ、20年以上かけて追い続けることになった写真家... もっと読む

新装版 テロルの決算 (文春文庫)

752
4.03
沢木耕太郎 2008年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もう、三十年も前に読み終えた ルポルタージュの名作、 本屋さんの棚に並んでいたので 懐かしく思い、奥付を見ると 「新装版」とある これは 今一度... もっと読む

旅する力―深夜特急ノート

735
3.81

感想・レビュー

深夜特急を書いた沢木耕太郎さんの、アジアからヨーロッパへの旅についてのエピソードが記された本で、旅というキーワードに惹かれて読みました。旅に対しての考え方... もっと読む

チェーン・スモーキング (新潮文庫)

734
3.45
沢木耕太郎 1996年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説のようなエッセイ集。 煙草一本吸う間に読めてしまう長さの短編が連なります。各話の中に、「そういえば」と言ったよう小さな話が、連鎖しながら繋がっている... もっと読む

彼らの流儀 (新潮文庫)

723
3.58
沢木耕太郎 1996年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

基本的にノンフィクションは苦手なのですがとても良かった。 普通エッセイやコラムと言うと如何に書き手の独自性や視点を明確化して発信するかと言う部分に書き手... もっと読む

人の砂漠 (新潮文庫)

719
3.74
沢木耕太郎 1980年12月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

陽の当たらない生活を強いられた人々を描いた沢木耕太郎のノンフィクション集。昭和40年代後半という時代の出来事であり、私の生まれる数年前~直前にこのような世... もっと読む

一瞬の夏(上) (新潮文庫)

673
3.97

感想・レビュー

元東洋ミドル級王者のカシアス内藤の人生と、沢木耕太郎の人生とが激しく交錯するノンフィクション。彼らの間に散る火花は、私たちを、あつくあつく熱し続けます。 もっと読む

檀 (新潮文庫)

609
3.73
沢木耕太郎 2000年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『火宅の人』の作者壇一雄氏の妻であるヨソ子氏の視点で描かれる30年の愛憎物語。不倫相手との詳述な蜜月の日々を小説で知るとはどのような気持ちであろう。嫉妬に... もっと読む

一号線を北上せよ<ヴェトナム街道編> (講談社文庫)

605
3.75
沢木耕太郎 2006年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなか面白かった。 サイゴンへのあこがれや「郷に入っては郷に従え」的なこと(それと値切り等とのバランスの他、 サイゴン河やベトナムのエネルギー、 はたま... もっと読む

流星ひとつ

585
4.10
沢木耕太郎 2013年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「お母さんのいちばんの楽しみは、あたしの歌を聞くことらしいんだ。あたしのいちばんのファンはお母さんなの。…(略)でも、あれはどうしてだろう、お母さんの姿が... もっと読む
全258アイテム中 1 - 20件を表示

沢木耕太郎に関連する談話室の質問

ツイートする