バチカン奇跡調査官 サタンの裁き (怪COMIC)

著者 :
制作 : 藤木稟 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年1月25日発売)
3.05
  • (2)
  • (3)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 90
感想 : 7
2

艶なしバチ官第二巻。ジュリア神父登場…なんだが。足りない。彼にはもっと、こう、胡散臭い色気があるはず(勝手な読者の妄想ですけども)とか。そして、平賀とロベルトの台詞だけ聞いたらバカップルなシーン(ろ「僕を嫌いにはならなかったのかい?」平「いいえ、ロベルト。ますます好きになったくらいです」←ここな。)も、残念な木枯らしがふいた。ワシの心の中で。ただ、実際はこれが世間での正しい目で見たバチ官だと言われたら、ぐぅの音も出ない(笑)ってか、内容は今回も良く纏めたなってくらい、要点は押さえられてた出来でしたが、コミ怪休刊らしいので、これで打ち止め。なのかな?

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 漫画
感想投稿日 : 2014年1月25日
読了日 : 2014年1月25日
本棚登録日 : 2014年1月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする