偶然の祝福 (文芸シリーズ)

3.36
  • (7)
  • (36)
  • (77)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 223
レビュー : 39
著者 :
haruyatoさん 小説   読み終わった 

図書館で間違えて借りて再読。小川洋子を好きになったきっかけの本でした。その後何冊も読んだけど、これが最高傑作というのが再読した感想。特にバックストロークは連作短編小説の中のひとつではなく、単独の短編として切り出しても最高の短編ではなかろうか。
世の弟達のひとりとして、姉を持つ弟は是非読むべきですね。

レビュー投稿日
2013年11月13日
読了日
2013年11月13日
本棚登録日
2013年11月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『偶然の祝福 (文芸シリーズ)』のレビューをもっとみる

『偶然の祝福 (文芸シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする