スペードの3

3.43
  • (58)
  • (229)
  • (263)
  • (55)
  • (13)
本棚登録 : 1626
レビュー : 267
著者 :
片山るんさん 新刊   読み終わった 

朝井リョウはどんどん変化していく。
でも、行間に埋め込まれた、赤ん坊の爪のような薄くて鋭い刃は健在なので、読み進めるに連れてどんどん細かい切り傷が増えていく。ヒリヒリと、痛くてたまらない。
特別な場面はないのに、ずっとドキドキして、怖くてたまらなかった。
「学級委員」の立場を守ろうとする心理。特別な物語を求める心理。「自分のため」を押し隠そうとする心理。
どれもみな思い当たることばかりで、だからドキドキするんだろうと思う。

「待っていても革命なんか起きない」という言葉がいちばんぐさっときた。誰も他人のためになんか、革命を起こさない。変えるのはいつも自分だ。
ダークで、やりきれない物語の底に、そっと置かれた励まし。「そこにあるのは、そのときのその人自身」
ぶるっと心が震える一節だった。

レビュー投稿日
2014年4月2日
読了日
2014年4月2日
本棚登録日
2014年4月2日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スペードの3』のレビューをもっとみる

『スペードの3』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『スペードの3』に片山るんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする