禁断の魔術 ガリレオ8

3.72
  • (268)
  • (810)
  • (652)
  • (50)
  • (6)
本棚登録 : 4815
レビュー : 630
著者 :
片山るんさん 新刊   読み終わった 

7の「虚像の道化師」で、今度はもう少し長いものを読みたいと思っていたら、本作は、短編というよりも中編。しっかり描き込まれていて非常に読み応えがあった。
湯川がどんどん人間としての厚みをましてきていて、第4章の「猛射つ」では、長編のときのような人間臭い一面を見せている。
科学者としての苦悩が伝わってきて、心が引き絞られるようだ。
「曲球る」や「念波る」でも、科学者としての対応は崩さないままで、相手を救う(結果的に)ような行動をとっている。決して感情に溺れることなく、しかし相手の気持もきちんとフォローできるような行動がとれるところが湯川の美点だと思う。私はこういう、感情に溺れないタイプが好きなのだ。
帯に「湯川が殺人を?」とある。この言葉の意味を、読後しみじみとかみしめた。実に深みのある問いだ。

レビュー投稿日
2012年10月13日
読了日
2012年10月13日
本棚登録日
2012年10月13日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『禁断の魔術 ガリレオ8』のレビューをもっとみる

『禁断の魔術 ガリレオ8』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『禁断の魔術 ガリレオ8』に片山るんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする