三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

3.58
  • (764)
  • (1019)
  • (1848)
  • (190)
  • (53)
本棚登録 : 8319
レビュー : 943
著者 :
imemuyさん 書籍   読み終わった 

p.55「夜、暖かい家の中で、これから面白い話を聞くのを待っている。恐らく、大昔から世界中でなされてきた行為。やはり、人間というのはフィクションを必要とする動物なんだな。」


「三月は深き紅の淵を」という謎の本を巡る短編。
表紙、挿絵が雰囲気あっていい。
みんなの記憶の断片と口伝えのみで広がる本の存在、それがどこかにあるという謎、たくさんの本が詰まった家、という発想とわくわく感が雰囲気があって良かった。次のも「三月」の作者について意見を交わして故郷をつきとめられるのか、というアプローチが面白かった。
残りの二編はあまりつながりが感じられないし、もやっとした感じで終わってて残念。

恩田陸さんの、本や作者について語る部分が的確で批評的で作家の熱い思いみたいなのが感じられる。

レビュー投稿日
2018年6月30日
読了日
2018年6月30日
本棚登録日
2018年6月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三月は深き紅の淵を (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『三月は深き紅の淵を (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする