告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

3.97
  • (3832)
  • (5305)
  • (2674)
  • (550)
  • (160)
本棚登録 : 33720
レビュー : 4136
著者 :
johnさん  未設定  読み終わった 

女教師の衝撃的な告白から始まる崩壊の物語。

とんでもないものを作ったな、と思った。
このようなジャンルの本をイヤミスと呼ぶらしい。
読んでイヤな気持ちになるミステリー。
告白はその代名詞ともいえる作品である。

しかし、ただ嫌な気持ちになるだけならば、
きっとこの作品を他人に勧めたりはしないだろう。

この本の面白さは巧みな心理描写にある。

心が弱いからだろうと、
想像したこともなかった狂人たちの感情は、
覗いてみると、あぁ一緒なんだなあと思った。

ただ、先生の本心はわからなかったが、
親でも、教師でも、どちらでもない感情で
淡々と行う復讐は誰よりも怖く映る。
その恐怖で物語を挟むものだから、
手にした衝撃、読み終えた余韻、
それらが色濃く残って、イヤミスを助長している。

レビュー投稿日
2018年7月16日
読了日
2018年7月14日
本棚登録日
2018年7月10日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21...』のレビューをもっとみる

『告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする