イノセント・ゲリラの祝祭

3.31
  • (160)
  • (390)
  • (750)
  • (165)
  • (37)
本棚登録 : 3201
レビュー : 437
著者 :
kazuho14さん 小説   読み終わった 

このミス大賞から始まったシリーズですが、今回は完全にミステリー要素は無しですね。
謎解きに変わる見所は、全36章の中の3章に渡る彦根医師の圧巻の演説。
法医学者の解剖至上主義を2%の解剖率と解剖の死因特定率の不明確性を根拠に否定し、法学界の解剖負担の医療への依存を批判し、と、いくつもの組織、個人を攻撃しまくる、正にゲリラの咆哮。
きっと、ここで書かれているのが作者の主張であり、これが書きたいがための本なんでしょうね。

個人的には、ワテはワテのやり方がある、と決意を固めた凡人代表の坂田局長の動向が気になります。
なんか、破滅の道へ踏み出している気もしますが…。

この本が書かれて4年。
医療庁はまだ創設されていませんが、2009年には一般財団法人Ai情報センターという施設も設立されたらしく、少しづつ状況は良くなっているのかも知れません。

レビュー投稿日
2012年12月8日
読了日
2012年9月17日
本棚登録日
2012年12月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イノセント・ゲリラの祝祭』のレビューをもっとみる

ツイートする