夫婦善哉 (講談社文芸文庫)

3.67
  • (14)
  • (6)
  • (24)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 83
レビュー : 19
著者 :
kazuosogouさん 日本ー文学   読み終わった 

 「夫婦善哉」は、発表当時東京文壇から批判されている。皇国史観もなければ左翼思想もない、と。その言葉の裏には、この戦時下に「あかんたれ」の男が「しっかりもん」の女に浮気して、いちやいちやと食べ歩いているような小説はけしからん、との軍部の意向が反映していた。
 しかし、好いた同士は形式はどうあれ一緒にいたい、うまいもんも食いたいし、うまいもんに格式も何もないやないか、とズバリ本音を言ってのける織田作に、戦時下の大阪人は拍手を送った。

レビュー投稿日
2012年4月24日
読了日
2012年4月24日
本棚登録日
2012年4月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夫婦善哉 (講談社文芸文庫)』のレビューをもっとみる

『夫婦善哉 (講談社文芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『夫婦善哉 (講談社文芸文庫)』にkazuosogouさんがつけたタグ

ツイートする