ブレイブ・ストーリー (中) (角川文庫)

3.66
  • (643)
  • (763)
  • (1367)
  • (93)
  • (24)
本棚登録 : 6637
レビュー : 402
著者 :
コジコジさん 文学   読み終わった 

北の帝国や種族差別、カルト宗教、そして「ハルネラ」。本書が示す「ファンタジー」は単なる冒険活劇ではなく、我々現実社会の暗喩である。確かに仲間とともにミッションをクリアしていく様はRPGゲームさながらだ。しかし、所々強烈な現実を織り交ぜてくる。例えば毒の沼での出来事は人間の抱える闇を描く象徴的出来事だ。

本書の中で特に印象に残ったシーンは母親と一時再開するシーン。弱くなった母親の姿をみた亘が決意する姿に、不覚にもウルッときてしまった。

これが子ども向けとされ、実際に子どもが興味を持って読んでいるということは、、、私は大人としてまだまだということなのかもしれない。

小学校でくだらない文部省公認の教科書をみせるより、本書を読ませたほうが数万倍有益だ。

レビュー投稿日
2013年12月24日
読了日
2013年12月24日
本棚登録日
2013年11月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブレイブ・ストーリー (中) (角川文庫...』のレビューをもっとみる

『ブレイブ・ストーリー (中) (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ブレイブ・ストーリー (中) (角川文庫)』にコジコジさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする