宮部みゆきのおすすめランキング

プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。
1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。
大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。
『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。

宮部みゆきの関連サイト

宮部みゆきのおすすめランキングのアイテム一覧

宮部みゆきのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『火車 (新潮文庫)』や『レベル7(セブン) (新潮文庫)』や『魔術はささやく (新潮文庫)』など宮部みゆきの全531作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

火車 (新潮文庫)

21851
3.79
宮部みゆき 1998年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20年ぶりの再読。 1980年代後半から90年代にかけての懐かしい風景がよみがえってきた。まだ携帯電話が普及していない時代。人々のコミュニケーションの濃密... もっと読む

レベル7(セブン) (新潮文庫)

13905
3.63
宮部みゆき 1993年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2つのストーリーが同時に進行していくパターン!!1 好きなのですよ好きなのですよ これってアレなのですよね?きっと途中で「おや?」って思い出し... もっと読む

魔術はささやく (新潮文庫)

9922
3.49
宮部みゆき 1993年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第2回日本推理サスペンス大賞受賞作。ちなみに第1回は受賞作は無しで優秀賞で乃波アサ氏が、続く第3回は高村薫氏が受賞している。このメンバーを見ても解るように... もっと読む

理由 (新潮文庫)

9486
3.45
宮部みゆき 2004年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第120回直木賞受賞、宮部みゆき氏の長編ミステリー小説。 宮部みゆき氏のミステリーは、短編などサクサク読めるものから、本作のような長編で重厚なものと... もっと読む

龍は眠る (新潮文庫)

8664
3.60
宮部みゆき 1995年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二人の不思議な能力を持つ少年と 二人の犯罪行為に苦しむ青年と 主人公に愛された二人の女性のお話。 読みやすさは勿論なのですが、「能力者ストーリー」と... もっと読む

ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)

8468
3.60
宮部みゆき 2006年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

きっかけは、大好きな歌「決意の朝に」。 "人の痛みには無関心 そのくせ自分のこととなると 不安になって人を嫌って 不幸なのは自分だけっ... もっと読む

R.P.G. (集英社文庫)

7517
3.21
宮部みゆき 2001年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<感想> 「火車」以来、久々に読んだ宮部みゆきさんの作品。 友人からの勧められて購入、読了。 うーん、正直まあまあだったかな… ミステリー作品として、こ... もっと読む

模倣犯1 (新潮文庫)

7310
3.88
宮部みゆき 2005年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔、映画を見て、微妙な感想だったので、敬遠してました。今になって何気なく手に取ってみたら、手が止まりません!かなり読み応えがあります。義男さん、被害者家族... もっと読む

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)

7128
3.73
宮部みゆき 1996年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

盗みに入ろうとして天災に遭い(これぞ天罰?)、隣の家に落っこちて倒れているところを助けられた泥棒の男。 中学生の双子「哲」と「直」は、通報しないかわりに... もっと読む

ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)

6494
3.74
宮部みゆき 2006年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

堂々の完結巻。自らの不幸な運命を変えるため、〈幻界〉を旅していた亘が、ついに運命の塔にたどり着き、変わらなければならないのは運命ではなく自分であるという真... もっと読む

ブレイブ・ストーリー (中) (角川文庫)

6376
3.66
宮部みゆき 2006年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北の帝国や種族差別、カルト宗教、そして「ハルネラ」。本書が示す「ファンタジー」は単なる冒険活劇ではなく、我々現実社会の暗喩である。確かに仲間とともにミッシ... もっと読む

誰か―Somebody (文春文庫)

5893
3.32
宮部みゆき 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数年振りに再読。ペテロの葬列(ドラマ版)を観終えたところなので、この頃の杉村氏と奈穂子の仲睦まじさが切ない。奈穂子との馴れ初めも語られる。 今多コン... もっと読む

模倣犯〈上〉

5601
3.83
宮部みゆき 2001年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

劇場型犯罪。 犯人の自己顕示欲が強く、読んでる側は犯人ってわかっているのに 犯人の傍若無人な態度にいらいら、憤りを感じ、早く捕まえて!と 思わずにはいられ... もっと読む

蒲生邸事件 (文春文庫)

5467
3.73
宮部みゆき 2000年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり宮部みゆきは安定感抜群。 読みやすくて、思わずページをめくっちゃうテンポのいい展開。 タイムトラベルものはいろいろあるけど、 この... もっと読む

模倣犯2 (新潮文庫)

5335
3.81
宮部みゆき 2005年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鞠子の遺体が発見されたのは、「犯人」がHBSテレビに通報したからだった。自らの犯行を誇るような異常な手口に、日本国中は騒然とする。墨東署では合同特捜本部を... もっと読む

ソロモンの偽証 第I部 事件

5104
4.09
宮部みゆき 2012年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気が遠くなるような図書館の予約待ち人数に「まだまだ来ないだろうな」と思っていたら なんと冠婚葬祭ラッシュの今、予想外に早く届いて、うれしい悲鳴。 ... もっと読む

模倣犯3 (新潮文庫)

5058
3.83
宮部みゆき 2005年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

群馬県の山道から練馬ナンバーの車が転落炎上。二人の若い男が死亡し、トランクから変死体が見つかった。死亡したのは、栗橋浩美と高井和明。二人は幼なじみだった。... もっと読む

模倣犯〈下〉

4974
3.81
宮部みゆき 2001年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

発刊後17年目にしてやっと読んだ長編。最後の方は少し走り過ぎた印象だったけどそれなりに楽しめた。私のお気に入り人物はやっぱり豆腐屋の爺さん有馬義男だな、ち... もっと読む

模倣犯〈5〉 (新潮文庫)

4861
3.94
宮部みゆき 2005年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真犯人Xは生きているー。網川は、高井は栗橋の共犯者ではなく、むしろ巻き込まれた被害者だと主張して、「栗橋主犯・高井従犯」説に拠る滋子に反論し、一躍マスコミ... もっと読む

模倣犯〈4〉 (新潮文庫)

4756
3.83
宮部みゆき 2005年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イライラしたり泣いたり忙しい巻だった。 カズのことを読んできているので、ホテルの支配人とか前畑とか真一にでさえ、「おまえらカズの無実証明されたら絶対謝れよ... もっと読む
全531アイテム中 1 - 20件を表示

宮部みゆきに関連する談話室の質問

宮部みゆきに関連するまとめ

ツイートする