宮部みゆきのおすすめランキング

プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

宮部みゆきのおすすめランキングのアイテム一覧

宮部みゆきのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『火車 (新潮文庫)』や『レベル7(セブン) (新潮文庫)』や『魔術はささやく (新潮文庫)』など宮部みゆきの全592作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

火車 (新潮文庫)

24298
3.80
宮部みゆき 1998年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 10年ほど前に一度読んだ小説。 昔読んだときはあまり面白いと感じなかったが、再読してみるとめちゃくちゃ面白かった。 物語は一人の女性の失踪から始... もっと読む

レベル7(セブン) (新潮文庫)

15189
3.63
宮部みゆき 1993年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮部みゆきの初期作。 単行本が刊行されたのは1990年、本当に初期の初期で、自分にとっては「魔術はささやく」「返事はいらない」とこの本の3冊が今手元に残... もっと読む

魔術はささやく (新潮文庫)

10807
3.50
宮部みゆき 1993年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第2回日本推理サスペンス大賞受賞作。ちなみに第1回は受賞作は無しで優秀賞で乃波アサ氏が、続く第3回は高村薫氏が受賞している。このメンバーを見ても解るように... もっと読む

理由 (新潮文庫)

9990
3.46
宮部みゆき 2004年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を初めて読んだのは大学生のころで、もう10年以上前だった。 当時は何に感想残してたんだったっけなって思って、至ったのはmixiだった。けれど、いく... もっと読む

龍は眠る (新潮文庫)

9329
3.60
宮部みゆき 1995年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ある嵐の晩、雑誌記者の高坂は、自転車をパンクさせ立往生してしまっている稲村慎司という少年を拾うことになる。  慎司を送り届けることにした高坂だが、その... もっと読む

ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)

9067
3.60
宮部みゆき 2006年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほんと言って、びっくり!!始めてのファンタジー。 わけわからなかった。 しかしさすが宮部みゆき、 ぐいぐいストーリーに引き込まれた。 今でも自分の中に場面... もっと読む

模倣犯1 (新潮文庫)

8173
3.88
宮部みゆき 2005年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 多くの方に薦められていたものの、中々手出ししなかった宮部みゆきの代表作「模倣犯」にようやく着手。 これまで「火車」「レベル7」等、色々と宮部... もっと読む

R.P.G. (集英社文庫)

8080
3.20
宮部みゆき 2001年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「火車」以来、久々に読んだ宮部みゆきさんの作品。 友人からの勧められて購入、読了。 うーん、正直まあまあだったかな… ミステリー作品として、このくらいの... もっと読む

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)

7719
3.73
宮部みゆき 1996年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初期の連作短編集。1993年(26年前だ!)に単行本が、1996年に文庫がそれぞれ刊行されています。 宮部みゆきの連作短編集は時代物はともかく、現代... もっと読む

ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)

6978
3.74
宮部みゆき 2006年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めたらやめられなかった。後味すっきり。 もっと読む

ブレイブ・ストーリー (中) (角川文庫)

6845
3.66
宮部みゆき 2006年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物語が動き始めた。 幻界の在り方は亘の心の在り方だという設定が、難しいながら非常に大きな意味を持って物語に絡んでくる。誰かの幸せを願うということは、誰かの... もっと読む

誰か―Somebody (文春文庫)

6838
3.33
宮部みゆき 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

題名の「誰か」って何???って思ってたけど、somebody どこにでも居る人って事なのかな? 会長のお抱え運転手の事故死。どこにでも居そうな梶田の死につ... もっと読む

模倣犯 (上)

5968
3.83
宮部みゆき 2001年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上下2巻でしかも厚手だから迷ったけどトライしてみた。タイトルだけは記憶にあったので興味半分に読み始めたら止まらず最後まで読了の上巻。 こんなに独りよがり... もっと読む

模倣犯2 (新潮文庫)

5866
3.82
宮部みゆき 2005年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かなり厚めの文庫本が全5巻の大部、三部構成になっていますが、2巻から第二部が始まります。 以下にネタバレがあるかもしれないので、いらんことを書いて間... もっと読む

蒲生邸事件 (文春文庫)

5799
3.74
宮部みゆき 2000年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイムトラベル物だが、これがまた引き込まれる。あまり勉強していない現代日本史の一片に触れ、色々ググッてウィキペした。私は一体何を学校で学んでいたのだろう…... もっと読む

模倣犯3 (新潮文庫)

5564
3.83
宮部みゆき 2005年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 これまで同様、ページを繰る手が止まらないくらいの面白さ。 高井由美子と樋口めぐみ、石井良江の出会い等、これまで点でしかなかった登場人物がつな... もっと読む

ソロモンの偽証 第I部 事件

5430
4.08
宮部みゆき 2012年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気が遠くなるような図書館の予約待ち人数に「まだまだ来ないだろうな」と思っていたら なんと冠婚葬祭ラッシュの今、予想外に早く届いて、うれしい悲鳴。 ... もっと読む

名もなき毒 (文春文庫)

5401
3.69
宮部みゆき 2011年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろく、先へ先へと読んだけど、長かった! この本のキーパーソンである「原田いずみ」。 トラブルっていうより、事件を起こしまくるんだけど、 ここまでく... もっと読む

模倣犯(五) (新潮文庫)

5350
3.95
宮部みゆき 2005年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文庫で全5冊の大部の作品、ようやく最終巻まで読み進めることができました。 以下にネタバレがありますので、これ以降をお読みいただく場合はご注意ください... もっと読む

模倣犯 (下)

5295
3.82
宮部みゆき 2001年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

発刊後17年目にしてやっと読んだ長編。最後の方は少し走り過ぎた印象だったけどそれなりに楽しめた。私のお気に入り人物はやっぱり豆腐屋の爺さん有馬義男だな、ち... もっと読む
全592アイテム中 1 - 20件を表示

宮部みゆきの関連サイト

宮部みゆきに関連する談話室の質問

ツイートする