侍 (新潮文庫)

3.86
  • (98)
  • (96)
  • (125)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 830
レビュー : 99
著者 :
コジコジさん 文学   読み終わった 

果たして基督教の信仰とは何なのか、苦難に対峙してもなお沈黙する神とは何なのか。時代と政に翻弄される「侍」長谷倉と烈しい信仰を持ってベラスコの眼と体験を通して日本人の宗教観が立体的に描かれる。万の神を認めて藩主を絶対的統治者とした当時の侍たちに対し、当初は使命感と意志をもって基督教布教を謀るベラスコの姿は滑稽で狡猾ともみえるが、後半になるに従って長谷倉は藩への疑義に反して信仰を問い、ベラスコは教会への不信に反して信仰を深める姿が印象的だ。

『沈黙』と比べると直接的表現も多く、理解しやすい反面文学性はやや劣るが、『侍』のほうが会社の命令に右往左往する悲哀溢れるサラリーマンに通じるものがあり感情移入する人は多いかもしれない。

レビュー投稿日
2018年7月17日
読了日
2018年7月17日
本棚登録日
2018年6月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『侍 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『侍 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする