遠藤周作のおすすめランキング

プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

遠藤周作のおすすめランキングのアイテム一覧

遠藤周作のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『沈黙 (新潮文庫)』や『海と毒薬 (新潮文庫)』や『深い河 (講談社文庫)』など遠藤周作の全975作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

沈黙 (新潮文庫)

7559
3.96
遠藤周作 1981年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

確かに、恐ろしい拷問の話と読むことも出来るのか、と頭を殴られたような気分になる出来事があって久しぶりに思い返しています。 知人が「本当に怖かった」というの... もっと読む

海と毒薬 (新潮文庫)

6359
3.64
遠藤周作 1960年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ずっと気になっていた「遠藤周作」さんの本。 「日本人とかいかなる人間か」を改めて考えさせられる。 無宗教ゆえに、社会、世間からの目を基準に物事を判断し... もっと読む

深い河 (講談社文庫)

4062
3.86
遠藤周作 1996年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当然ながら、人はみんな違うこと、違う苦しみをもっていること、そこから救われるために何かを信じたり追い求めたりすること、その中で自分の気持ちの持ちようが変わ... もっと読む

わたしが棄てた女 (講談社文庫)

1411
3.70
遠藤周作 1972年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遠藤周作といえば、『海と毒薬』や『深い河』などを読んだことがあるが、重いテーマのイメージが強かった。しかし、エッセイなど軽めの話も面白いと言われているので... もっと読む

海と毒薬 (角川文庫)

1237
3.58
遠藤周作 2004年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦時下の病院なんて、もっと爆撃とかでやられて苦しんでいる人だらけ…なイメージがあったので、まずは一般の病人が入院してたということが、単純に私にとっては発見... もっと読む

イエスの生涯 (新潮文庫)

1220
3.73
遠藤周作 1982年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初版時に読了。再読。 今もなお魂が揺さぶられる作品。 遠くガリラヤで何の罪もない無抵抗の一人の男が 十字架にかけられ処刑される。 彼は後のイエス・... もっと読む

白い人・黄色い人 (新潮文庫)

1151
3.41
遠藤周作 1960年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遠藤周作の小説を理解するためには、やはりある程度のキリスト教的風土、知識の面ではなくキリスト教のあの雰囲気あの考え方の中に投入されたという経験が不可欠だと... もっと読む

王妃マリー・アントワネット〈上〉 (新潮文庫)

1115
3.70
遠藤周作 1985年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中学生の時にベルばらにハマって以来、この時代のフランス史が好きになりました。 ベルばらはかなりフィクション要素が強かったから、こっちの方が史実に忠実かな... もっと読む

王妃マリー・アントワネット〈下〉 (新潮文庫)

944
3.75
遠藤周作 1985年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻。フランス革命が始まってからの疾走感が凄まじい。人間の狂気をえぐるように、しかしあくまでも宗教的に描く、遠藤らしい作品だった。 歴史の痛みを垣間見た... もっと読む

侍 (新潮文庫)

763
3.84
遠藤周作 1986年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物凄く面白かった。キリスト教との関わりの中から、他の作品と同じように、日本人の本質をことごとく見事にあぶりだした作品だったと感じる。 30年近く日本で布... もっと読む

悲しみの歌 (新潮文庫)

718
3.96
遠藤周作 1981年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

重くて深みが凄く、後々まで考えてしまいそうな小説だった。 春に読んだ「海と毒薬」の続編で、事件の30年後が描かれている。 正義って何だろう?と改め... もっと読む

女の一生〈1部〉キクの場合 (新潮文庫)

697
4.03
遠藤周作 1986年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.05.29再読しました。 前回この作品を読ませていただいた時は、お借りしていた本にもかかわらず、泪が止まらなくてページをぬらしてしまいました。... もっと読む

死海のほとり (新潮文庫)

662
3.79
遠藤周作 1983年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『沈黙』で有名な、遠藤周作の小説。 啞に口を開かせ、盲に見えるようにし、死んだものを生き返らせ。あるいは圧制者から自分たちを解放させる。その... もっと読む

十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。 (新潮文庫)

563
3.58
遠藤周作 2009年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルが気になって、10頁は立ち読み。 10頁読んで、私は、面白いと思ったから購入。11頁以降が面白く感じられないかもしれないっていう不安はあったけど... もっと読む

女の一生〈2部〉サチ子の場合 (新潮文庫)

505
4.01
遠藤周作 1986年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沈黙からずっと続いてる感じがします。サチ子の話にアウシュヴィッツがどう関係しているのかはつかみ損ねてますが戦争の悲惨さは伝わってきます。 もっと読む

新装版 海と毒薬 (講談社文庫)

464
3.88
遠藤周作 2011年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人が持つべき倫理や感情を持ってない(というか選択肢として持たないでいることを感覚的に知ってそちらが性に合っていた)人たちに共感した。 もっと読む

キリストの誕生 (新潮文庫)

459
3.72
遠藤周作 1982年12月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イエスの生涯に続いて刊行されました。 イエスからキリストという存在へ変わっていく弟子たちの心理などを本当に質の高い内容で描かれています。「僕は大説家では... もっと読む

深い河

447
3.92
遠藤周作 1993年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに「ちゃんと」本を読みたい、と思って、寝かせに寝かせたこの本を本棚から選択。 愛とはなんぞや。宗教とはなんぞや。定評通り、遠藤周作が考えてきたこと... もっと読む

眠れぬ夜に読む本 (光文社文庫)

407
3.37
遠藤周作 1996年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

☆5つ いやこれわいい、実に良い。 初出は1980年代中盤に週刊宝石に連載されたエッセイらしい。なに!週刊宝石ってそんな変な名前の週刊誌があっ... もっと読む

真昼の悪魔 (新潮文庫)

398
3.55
遠藤周作 1984年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遅ればせながら、初遠藤周作。非常に読みやすいことに驚いた。多少難読するだろうと予想していたが、題材も含めて、スラスラと頭に入っていく。善と悪の境目の考察。... もっと読む
全975アイテム中 1 - 20件を表示

遠藤周作に関連する談話室の質問

ツイートする