猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)

4.04
  • (530)
  • (487)
  • (296)
  • (61)
  • (20)
本棚登録 : 4191
レビュー : 531
著者 :
木谷りこ★さん フィクション   読み終わった 

タイトルが秀逸ですね。

……しかし残念なことに、ここ数年ではめずらしく、途中で挫折を味わった一冊として記憶に残りました。

ずっと何かが起こりそうな気配は漂っているのだけど、言葉の一つ一つが誠実すぎる分、

ノロイ★

この本のなかで流れるたっぷりとした時間感覚が、つらかったです。

とは言うものの、小川洋子さんの本に魅力がなかったことなど一度もなく、傑作の予感を信じたい……。私には無理だったけれど、読書好きで気長な人に読んでもらい、感想を聞かせてほしいです。喜んで聞き手に回りますよ。…皆さんのレビューを読めばいいのかな。

レビュー投稿日
2018年12月20日
読了日
2017年1月23日
本棚登録日
2017年1月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする