信長と天皇 中世的権威に挑む覇王 (講談社学術文庫)

3.59
  • (3)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 4
著者 :
小手先さん 文庫   未設定

副題は「中世的権威に挑む覇王」とありますが、実際には「覇王に挑むしたたかな天皇」のお話です。

"天皇"と普通名詞で語られていますが、実際に取り上げられているのは、戦国時代にともすれば廃位・簒奪などの危機にさらされた「万世一系」の皇統を、たくみに守り通した正親町天皇について書かれた本です。

いや、まったくこの天皇はすごいです。

他の信長に諂ったり、反発したり、怯えたりする小物登場人物(将軍、公家、宗教関係者、戦国大名)に比べて、なんと冷静でしたたかなことか。軍事的にはまったく無力な天皇ですが、実に政治的人物であり、英雄です。

すばらしい一冊です。

レビュー投稿日
2006年5月28日
本棚登録日
2006年5月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『信長と天皇 中世的権威に挑む覇王 (講談...』のレビューをもっとみる

『信長と天皇 中世的権威に挑む覇王 (講談社学術文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする