やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)

3.95
  • (78)
  • (61)
  • (79)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 585
レビュー : 89
はぴさん 絵本(3.4歳頃~)   読み終わった 

犬とライオンの子どもが寄り添っている鮮やかなピンク色の表紙が印象的。

みなしごライオンの名前がブルブル(いつもブルブル震えていたから)で
育ての親は犬のムクムク(むくむく太っていたから)というのがかわいいなと思いました。

優しいムクムクに育てられたブルブルは立派な優しいライオンになりましたが離れ離れにされてしまいます。
数年後、サーカスで人気者になったブルブルでしたが・・・

お母さんに会いたい一心でサーカスを抜け出したブルブル。
ムクムクと再会したのもつかの間、警官隊に撃ち殺されてしまうという悲しい結末に驚きました。

人間の愚かさ、命のはかなさや切なさを感じる物語でした。

やなせたかしさんといえば、アンパンマンの印象が強いですが、アンパンマン意外の作品もたくさん読みたくなりました。

レビュー投稿日
2014年4月23日
読了日
2014年4月23日
本棚登録日
2014年4月23日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『やさしいライオン (フレーベルのえほん ...』のレビューをもっとみる

『やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)』にはぴさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする