1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)

3.72
  • (499)
  • (1139)
  • (815)
  • (137)
  • (46)
本棚登録 : 10233
レビュー : 703
著者 :
砂漠の民さん 小説   読み終わった 

村上春樹とは相性が良くない。
そうはわかっていても読んでみたい作品であった。
いよいよ重い腰を上げて挑むことにした。
村上春樹、久々の再会。

まだこの前編を読んだだけでは物語の全貌は見えてこない。
しかし、おもしろいのだ。なんとも言えず、面白い。
いつもの村上春樹であることは間違いない。
ただ、どこかいつもの村上春樹と違う雰囲気も漂っている。
決してハルキストと呼ばれるほど彼の作品に触れているわけではない。
それでも、どこかそう思ってしまう。

果たして、青豆と天吾とは何者なのか。
2人のいる1Q84という世界は何なのか。
どこか懐かしい雰囲気が漂う世界に足を踏み入れ、
この先に見る景色を貪欲に待ち望んでいる自分がそこにいた。

レビュー投稿日
2012年6月15日
読了日
2012年6月14日
本棚登録日
2012年6月15日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 ...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする