溺れる愛のプライス (講談社文庫X文庫ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社 (2004年4月28日発売)
3.26
  • (3)
  • (6)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 90
感想 : 3
3

●あらすじ●大人になったか、確かめてみようか?
僕にもご褒美が欲しいです。
桐生(きりゅう)との約束の日に同僚とドライブに出かけた尚也(なおや)。2人の関係に疑いを持った桐生は……。
瀧口尚也は経営不振のデパートに勤めはじめて2年目を迎え、充実した仕事と公認会計士の桐生とのつきあいを上手く両立していた。そんな折、桐生と約束のあった休日に、同期の谷崎とドライブへ出かけることになってしまう。キャンセルの理由を尚也から知らされずにいた桐生は、嫉妬を覚えていた。久しぶりに桐生の部屋を訪ね、甘い口づけを受ける尚也だったが……。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 講談社X文庫
感想投稿日 : 2005年4月12日
本棚登録日 : 2005年4月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする