アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

3.97
  • (1579)
  • (1130)
  • (1254)
  • (161)
  • (43)
本棚登録 : 10874
レビュー : 1397
桜井玖美さん 心と精神   読み終わった 

この本を教えてくれた人とも、街角で出会った。物語の中でも、環境の変化や人との出会いが時間を導いていく。見えない流れに運ばれ、時に手なずけながら人生を変える。胸を高鳴らせる思いの力で、奇跡や大きな夢にも届くと感じさせてくれる本。
きっとこの本は、感性が強い人には面白い。漠然とした世界観の中から、自分の現実にも必要な言葉が見つけられる。といっても、普遍的な愛や自由やらのテーマではなくて、自分の心で見た生き方について。現象を素直に受け止めることで、自分の存在がどういうものか、世界の仕組みも見えてくる。
はっきりと、人生はこういうものだと書いてあるのではなくて、見つけるものは本を読む人それぞれ。物語の主人公の旅は、ヒントの1つでしかないけれど、示唆しているものがある。題名の「アルケミスト」錬金術師は、物語の少年のことでもあり、個々の人生の主人公、私たちのことでもある。
少年が変哲のない日々から大切なものを見つけ、人生そのものを価値ある宝物に変えたのが、彼の錬金術だと思う。それと同じように、私たちも、自分次第で人生を金に変えることができるはず。そんなメッセージもあるのではないかと、私は解釈したいです。

私は、心が鈍くなったときに『アルケミスト』を取り出して読むと、清々しくなります。
偶然出会った人と交わした言葉や、今日の些細な出来事もどこかへ繋がっているけれど、何を感じ汲み取るのかで道が変わっていくのかもしれない。私も、毎日の時間に隠れたものを見逃さないでいたいなと、思い出させてくれるのです。
もしかしたら、1年後に読むとまた感じ方が変わるのかもしれないけれど、その時々で心に訴える部分が変わっていくのは、長いお付き合いができる本だからだと思います。

レビュー投稿日
2013年11月3日
読了日
2013年11月3日
本棚登録日
2013年11月3日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫...』のレビューをもっとみる

『アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)』に桜井玖美さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする