パウロ・コエーリョのおすすめランキング

プロフィール

1947年ブラジル、リオデジャネイロ生まれ。現代において最も影響力のある作家の一人といわれている。2002年よりブラジル文学アカデミー会員。著作の多くが世界的ベストセラーとなり、88か国語に翻訳され、これまで170以上の国々で3億2000万部以上を売り上げた。多くの名誉ある国際的な賞を受賞しており、そのなかにはフランスのレジオン・ドヌール勲章がある。2007年には国連ピース・メッセンジャーに任命された。

「2021年 『弓を引く人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パウロ・コエーリョのおすすめランキングのアイテム一覧

パウロ・コエーリョのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)』や『ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)』や『星の巡礼 (角川文庫)』などパウロ・コエーリョの全75作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

18401
3.94

感想・レビュー

夢を諦めないことや、人生で挫けそうな時に励ましてくれる本です 何かを得るためには行動しなければいけないと改めて思いました もっと読む

ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)

4149
3.36

感想・レビュー

よくわからない。 もっと賢い人が読めばきっとなにかに感銘したりするんだろうが、自分には無理だった。 二十四歳のベロニカは特に不自由を感じずに生きて... もっと読む

星の巡礼 (角川文庫)

1627
3.39

感想・レビュー

パウロ・コエーリョのデビュー作品。自らの剣を見つけるため、巡礼の旅をする話。滝を登ったり、十字架を立てたり、悪魔と闘ったりと、数々の苦難や神秘的な体験をす... もっと読む

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

1574
3.85
パウロ・コエーリョ 電子書籍 2013年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書会で紹介して頂いた本。少年が、旅を続ける中で色んな人と出会い、色んな事を感じ、学んでいきます。すんごく壮大!Audibleで歩きながら聴いていたからか... もっと読む

11分間 (角川文庫)

988
3.60

感想・レビュー

売春婦の恋の物語。性的な表現が多いため好き嫌いが分かれそうな作品であるが、個人的には非常に楽しませてもらった。主人公である女性の心の機微をここまでリアルに... もっと読む

ピエドラ川のほとりで私は泣いた (角川文庫)

988
3.46

感想・レビュー

神の女性性がテーマ。 パウロ・コエーリョらしく 決めつけていた自分の殻を打ちやぶっていく話。 男性との間で変化がもたらされる愛もテーマ。 変わってゆ... もっと読む

アルケミスト: 夢を旅した少年

722
3.87

感想・レビュー

"もし常に今に心を集中していれば、幸せになれます" 心が不安定な時自分が何を考えているか振り返ると、今後起こるかもしれないことだったり、こうしていればも... もっと読む

アルケミスト - The Alchemist 【講談社英語文庫】

661
3.96

感想・レビュー

以前、日本語で読んだことがあったが勉強のために英語で読み直してみた。今回の方が心に響いた気がした(英語、日本語の違いではなく、多分、私が年をとったから)。... もっと読む

アルケミスト Anniversary Edition

623
3.51

感想・レビュー

この物語で 使われている 「ことば」や「こころは」 私の知っている言葉や心としては使われていない。 たぶん、らくだや砂漠、風をただただ 観察して、異国の言... もっと読む

悪魔とプリン嬢 (角川文庫 コ 11-6)

466
3.42

感想・レビュー

田舎町に訪れた旅人が、住民の一人を殺せば、一生豊かな生活ができるほどの金塊を譲ろうと提案する話。旅人と住民一人ひとりが、各々の内にある善と悪に耳を傾けなが... もっと読む

第五の山 (角川文庫)

457
3.62

感想・レビュー

旧約聖書に出てくる預言者エリヤの話。パウロ・コエーリョが、彼の想像で物語を膨らませている。神託を受け、アクバルという町を訪れたエリヤ。苦難や絶望を乗り越え... もっと読む

愛蔵版 アルケミスト

433
3.74

感想・レビュー

夢を諦めない人だけが夢を叶えられる。それは当たり前だけど、夢を諦めないってとても辛く、苦しいことで、夢を追う過程で色んな辛いことが起きる。でも、それらの辛... もっと読む

11分間

320
3.61

感想・レビュー

2013.01.12読了。 やっぱりパウロ・コエーリョの本の中でこれが一番好き。 マリーアという少女が故郷を離れ、売春婦になる話。 初めて読んだとき... もっと読む

ベロニカは死ぬことにした

267
3.25

感想・レビュー

イゴール博士の、「普通さ」と「狂ってる」ことについての説明に、なるほどなあと思わされた(P200)。 ベロニカは死ぬことを決意して大量服薬したのだが、その... もっと読む

弓を引く人

226
3.52

感想・レビュー

『アルケミスト』のパウロ・コエーリョによる弓道を題材にした寓話。 ひとつだけ引用します。 『「うまくいった、もうこれ以上学ぶことはない」などど... もっと読む

ザーヒル (角川文庫)

212
3.64

感想・レビュー

失踪した妻を探し求め、真実の愛へとたどり着くある作家の話。『ザーヒル』とは、盲目的に意識が囚われてしまう存在のこと。この作家にとってのザーヒルは、彼の元を... もっと読む

悪魔とプリン嬢

173
3.51

感想・レビュー

「条件さえ整えば地球上のすべての人間がよろこんで悪をなす」 田舎町ヴィスコスを訪れた旅人が、バーで働くプリン嬢にある計画を打ち明ける。1週間以内に町の誰か... もっと読む

マクトゥーブ   賢者の教え

168
4.03

感想・レビュー

約1ページごとの短いストーリーですが、多くの心を打つ話がありました。厳しい話も、笑える話もあって、疲れた日などに読むと心がスッと軽くなるような感じがしまし... もっと読む

ポルトベーロの魔女 (角川文庫)

165
3.16

感想・レビュー

『ポルトベーロの魔女』と呼ばれた、不思議な力を持つ女性アテナの半生を描いた作品。アテナを知る身近な人々の証言を元に構成されている。生みの親に捨てられ、満た... もっと読む

ブリーダ (角川文庫)

123
3.50

感想・レビュー

21才の女性ブリーダが、修行を通して魔女へと成長する話。個人的にはこれ以上でもこれ以下でもない話。 もっと読む
全75アイテム中 1 - 20件を表示

パウロ・コエーリョに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×