倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)

3.60
  • (67)
  • (90)
  • (140)
  • (20)
  • (5)
本棚登録 : 639
レビュー : 129
著者 :
佐倉 乃さん 小説   読み終わった 

中学?高校?のときだったかな、女学校ものだと思ってたら戦時中の話で、戦時かよ!ってなって返却した本です。どんだけ戦争もの読みたくなかったんだよ。

んでやっぱりタイトルが目について再び借りてみた。このタイトルは反則だろーわくわくするもん…


設楽ちゃんこわすぎる…ってなって途中で持ち直してやっぱり最後で震えた。
あれは彼女の復讐かしら…わざわざ途中で二人に見せて、そのあとつけたして雫石さんにしか見れないようにラッピングするというのは…うん…
あの文章は雫石さんだけに向けて書かれたものなんだよね。
彼女が上月お姉様にあそこまで嫌われた理由は、まあ彼女自身のせいでもあるんだけど彼女はそれに気づいてないんだよね。それなら全部雫石さんのせいだと思っても不思議ではないし、手記の中で上月お姉様は設楽ちゃんの早熟さを認めてはいるけどその認められた部分は彼女のものではないから嫉妬しててもおかしくないし、なにより設楽ちゃんは上月お姉様殺害の犯人=雫石さんだと気づいてたわけで、気づいたからあれを書いたわけで…どう考えても復讐じゃんこわい。手紙から「いい気味だわ」って聞こえてくるようで震える。
でも小説家になるのをやめるって言ってるってことは背負うには重すぎたのかな。

設楽ちゃんのことしか言ってない。だって怖かったんだもの。書いてたらどんどん好きになってくんだからよけいこわいね。


読んでて好きだったのは上月お姉様でした。ああいうさばさば系のお姉様素敵。
というか全体的に百合で百合不足だったからにまにましたよねー!!やっぱり女の子たちというのはすばらしいね!恐ろしくて美しいのだ!!
あとそういうところにまったく関係しないベー様も素敵です。生きてるって感じで。すきです。



こういうどんでんがえしミステリは最後にいくにつれてわくわくして楽しい。そこに百合が絡んだのでとても楽しかった。よきかな!



表紙の三人は小枝ちゃんと上月お姉様と七尾お姉様かな。ベー様のビジュアルが欲しかったー!


@市立図書館

レビュー投稿日
2013年10月14日
読了日
2013年10月14日
本棚登録日
2013年10月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)』のレビューをもっとみる

『倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする