つむじ風食堂の夜

3.69
  • (89)
  • (91)
  • (159)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 638
レビュー : 130
著者 :
shinboshiさん 小説. 物語   読み終わった 

吉田篤弘さんの本がすきになったきっかけがこのお話。

ほわんとしたお話自体も好きだけど、
吉田さんが選ぶ言葉もすごく好き。

つむじ風食堂のクロケット定食や古本屋のデ・ニーロの親方が甘辛く煮た油揚げの刻んだやつを食べたくなる。
そして、タブラさんのエスプレーソをお父さんの手品を見ながら飲みたくなる。

月船町は、つむじ風が吹いたら現れて
またつむじ風が吹いたら
もうたどり着けない場所にあるんじゃないかって思ってしまう。

そんなお話。

レビュー投稿日
2012年3月4日
読了日
2012年3月4日
本棚登録日
2012年3月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『つむじ風食堂の夜』のレビューをもっとみる

『つむじ風食堂の夜』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『つむじ風食堂の夜』にshinboshiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする