美しい星 (新潮文庫)

3.58
  • (104)
  • (141)
  • (246)
  • (29)
  • (8)
本棚登録 : 1762
レビュー : 193
著者 :
スピカさん 小説   読み終わった 

自分たちは宇宙人であるという意識に目覚めた一家と
いう設定と、舞台が埼玉の飯能で地元に近いという事で
興味を持った作品。
三島由紀夫がこんな小説も書いていたんだと驚いた。

白鳥座六十一番星の3人組のキャラクターがおもしろい。
最後までなんとか読み切ったものの、
最大の見どころである重一郎との対決のシーンが
私には難しく、目が滑るばかりでよく読み取れなかった。
もうちょっと時間を置いてまたチャレンジしたい。

私も1日だけ自分は宇宙人だと思って、
人間生活を見てみようかな。

レビュー投稿日
2014年5月18日
読了日
2014年5月18日
本棚登録日
2014年5月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『美しい星 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『美しい星 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『美しい星 (新潮文庫)』にスピカさんがつけたタグ

ツイートする