冬の日誌

3.87
  • (13)
  • (20)
  • (9)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 271
レビュー : 25
制作 : Paul Auster  柴田 元幸 
strattonさん 本・雑誌   読み終わった 

大好物である柴田元幸訳ポール・オースターの新刊。いつもの通り、「訳者あとがき」を読んでから本文に取りかかった。
乱暴にまとめてしまうと、「人生の冬」を迎えた初老の作家の回顧録ということになるのだろうが、そこはオースター。彼の深い思索というフィルターを通すと、何か詩的で味わい深い文章になる。
これまでに住んだ21箇所の家の記録こそ時系列だが、それ以外は時間を行ったり来たり。親、家族、恋愛・性愛、そして怪我・病気・事故。こうした過去の出来事を、かつての自分を「君」という二人称で呼び、少し突き放した形で書くことによって、読者と視線を共有している。
死んでいても不思議ではなかった体験など、かなり赤裸々に書いているのだが、それでも一向に世俗的なものを読んでいる感覚はない。それどころか、読み進めるにつれ、生と死について深く黙思せざるを得なくなってゆくのは、この作品の肝だろう。
本作を読んだ後、普段は受け取るばかりで、こちらからは出したことがほとんどないメールを離れて暮らす両親に出したことは、個人的なメモとして書き留めておきたい。

レビュー投稿日
2018年11月18日
読了日
2017年4月16日
本棚登録日
2018年11月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『冬の日誌』のレビューをもっとみる

『冬の日誌』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『冬の日誌』にstrattonさんがつけたタグ

ツイートする