悪人(下) (朝日文庫)

3.76
  • (552)
  • (1099)
  • (830)
  • (145)
  • (26)
本棚登録 : 6369
レビュー : 816
著者 :
たかせさん 小説   読み終わった 

読み終わったあと、しばらく考え込んでしまった。
話のつくり自体は、一つの殺人事件をめぐっていろんな人の目から語られる…というよくあるものなのだけれど、吉田さんのやや温度の低い筆致や、「どこにでもいそうな」人間描写、最後にぽんと放り投げられた問いが、だからこそ簡単には受け止めきれない印象を残す。
殺人の動機なんて、本人にすらうまく把握できないようなたよりないものなのかもしれないな…どうして私たちは、明確な理由があるはずだと思って断罪しようとしてしまうんだろう。。

個人的にはどんな動機よりも増田くんの
「こういう女が男に殺されるっちゃろな」
という言葉が何よりも心に残ってしまった。
どんな動機よりもはっきりと真理を突いているように思った。

レビュー投稿日
2010年3月19日
読了日
2010年3月19日
本棚登録日
2010年3月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悪人(下) (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『悪人(下) (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする