Man, the State, and War: A Theoretical Analysis

著者 :
  • Columbia Univ Pr (2001年9月1日発売)
3.69
  • (3)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 4
3

ネオリアリズム初代作品。書籍名の通り、国家という互いに類似したアクターの行動を分析するには人間、国家、国際政治構造を分析しなければならない。もっとも重きを置いたのが国際構造(それゆえStractural Realismとも呼ばれる)。彼の想定する国際構造とはアナーキーでヒエラルキーでその構造の中でのパワーの分配によって国際政治の結果(平和とか戦争)が決まる。Waltzは国際関係の理論をミクロ経済理論をモデルに科学的なものにしようとした人でもあります。W

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2006年3月23日
本棚登録日 : 2006年3月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする