永遠の0 (講談社文庫 ひ 43-1)

著者 :
  • 講談社 (2009年7月15日発売)
4.42
  • (10145)
  • (5196)
  • (1767)
  • (356)
  • (122)
本棚登録 : 50202
感想 : 5871
4

世界史の授業で世界大戦について習っています。
私たちの世代は戦争を全く知りません。当時の考え方など、教科書を数ページ読んだところで理解できたとは言えません。でもいつかはちゃんと知りたいと思っていたので、良いタイミングだと思いました。

この本について賛否両論あるということに、とても驚きました。
批判される点として、反戦のふりをした戦争肯定作品だ、戦争を美化していると言われているそうです。
実際に読んでみて、そんなことは微塵も感じませんでした。
戦争の話なのは勿論ですが、この作品は宮部さんの生き方にもっと注目するべきだと思います。
肯定側を擁護するつもりはありませんし、戦争なんかしない方が良いと軽々しく言うつもりもありません。

作者さんはこの作品が賛否両論になることを当然わかっていたはずです。それでも永遠の0を書いたのはなぜでしょうか。伝えたかったこととはなんでしょうか。文庫600ページに及ぶ、大量の文献から、作者さんは相当の努力や熱意があって取り組んでいたことを想像するのは容易でしょう。
ここから私の独断と偏見になりますが、逆に賛否両論、様々な意見を交わして欲しいと考えていたとも思えます。現代の人にとって戦争とは未知です。勿論私も。人間は知らないことに対して恐怖を感じるものです。ですが、知らないまま時が過ぎると、必ず過ちを犯す時が来ます。また、忘れた時もです。忘れないため、知らない人が居ないようにと、戦争から数十年経った今も戦争について熱く語る人たちがいて、TVや新聞でも定期的に目にするのです。

知らぬが仏という言葉がありますが、全くそんなことはないと思います。戦争について、いや、どんな些細なことでも目を向けて、生きる大切さをこの本を読んで学びました。
全ての人に読んでもらいたいですが、特に戦争について知らない世代に読んで欲しい。
戦争の残酷さ、昔の日本人の考え方を目に焼き付けて欲しい。そして、個々人の意見を沢山の人に共有して欲しい。

(追記)
調べていたら、「黒い雨」という邦画も戦争について勉強になるそうです。永遠の0より残酷な表現だそうです。
機会があれば…いや、近いうちに必ず観ます。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2023年11月18日
読了日 : 2023年11月18日
本棚登録日 : 2023年8月24日

みんなの感想をみる

コメント 4件

yukimisakeさんのコメント
2023/11/19

初めまして、いつもレビュー楽しく拝見しております。
もし邦画で勉強されるのでしたら「日本で1番長い日」も見やすくて良いかと。終戦間近の話ですがもしかすると日本人が全滅していたかもしれないと思うと怖くなります。
「黒い雨」が見られたなら「二百三高地」も見られると思うのですが、かなりオススメです。

ふでやすさんのコメント
2023/11/19

コメントしていただきありがとうございます!
「日本のいちばん長い日」は聞いたことがあります!
松坂桃李さんが好きなので、「ラーゲリより愛を込めて」も観たいと思っていたのですが、そちらも出演されていたのですね!
これは勉強する良い機会になりそうです。
「二百三高地」や学校の先生の話なども聞いて、戦争に対して自分の意見をしっかり持ちたいと思います。

ふでやすさんのコメント
2023/11/19

「日本のいちばん長い日」は二つあるのですね!

yukimisakeさんのコメント
2023/11/19

2つあるんですが、どちらも出来が良いのでお好きな方を選んでもらって大丈夫だと思います。
「ラーゲリより愛を込めて」は映画は観ていないのですが、内容はかなり良かったです!
知らない世代だからこそ、勉強したくなりますよね。共に色々と学んで行きましょう!

ツイートする