小銭をかぞえる (文春文庫)

3.65
  • (44)
  • (98)
  • (79)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 635
レビュー : 102
著者 :
tonveriさん 小説   読み終わった 

同棲した女性が、ぬいぐるみ心酔し、徐々にそれが煩わしくなり主人公と口論、暴力へと発展し最終的には女性が大事にしていたぬいぐるみを引き裂き無残な結末を遂げる「焼却炉行き赤ん坊」と、自費出版の経費が必要となり、同棲した女性の父から金を借り、更には旧友からも金をせびる「小銭を数える」。両作とも無残な結末を迎えることになるが、女性への暴力、そして自分の描いている通りに行かず、苛立つ主人公の描写は素晴らしい。人間だれしも、暴力的な要素を持っているだろう。それを包み隠さず綴れる作者の敬意を表したい。

レビュー投稿日
2016年12月31日
読了日
2016年12月31日
本棚登録日
2016年12月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小銭をかぞえる (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『小銭をかぞえる (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『小銭をかぞえる (文春文庫)』にtonveriさんがつけたタグ

ツイートする