孟徳と本初 三國志官渡決戦録

著者 :
  • 講談社 (2017年7月26日発売)
3.85
  • (3)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 5
4

曹操孟徳と名家の袁紹本初の官渡の戦いを描く、共に花嫁泥棒で過ごした青年時代の友がお互いに認め合いながら互い国の統一を目指し下に降られず官渡の戦いにもつれ込む。袁紹は絶対的な戦力で曹操を凌駕するも部下郭図の裏切りにより負ける。三国志(劉備、曹操、孫権)の前筋で呂布亡き後、関羽が一時曹操の下で戦い劉備がコウモリの如く曹操、袁紹に降り漁夫の利を獲るべく爪を研ぐ好感を持てない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年1月12日
読了日 : 2019年1月12日
本棚登録日 : 2018年12月30日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする