銀河鉄道の夜

4.44
  • (148)
  • (60)
  • (32)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1098
レビュー : 92
ハルノさん 絵本   読み終わった 

ずっと欲しかった絵本が縁あって、ようやく手元に来てくれた。キラキラ、チカチカ、ハラハラと散りばめられているビーズやクリスタル。丁寧に縫い取られている刺繍。どの絵も飽きずに魅入ってしまう、不思議な奥行きを持っている。じぶんの中にある銀河鉄道と言えば、ずいぶん昔に作られた猫を擬人化したアニメ。最近改めて小説を読み、それからこの絵本を読んだけれど有り難いことにどの作品も心を惹き付けて止まない。表紙のふたりはジョバンニとカムパネルラだろうとおもっているけれど、本当にこんなシーンがあったならと願ってしまった。

絵を楽しむためにこの絵本がほしかったのでここで内容には触れないでおこうとおもっているのですが、それにしても「銀河鉄道の夜」という題名のうつくしさにはため息が出ます。英訳の“The Milky Way Railrord”。これも可愛らしい響きがありますが、やはり「銀河鉄道の夜」というのが、端的にも的確に物語を表現しているようにおもいます。単に日本人だからおもうのかもしれませんが。

http://beautifulone.jugem.jp/?eid=492
http://beautifulone.jugem.jp/?eid=493

レビュー投稿日
2011年10月12日
読了日
2012年8月18日
本棚登録日
2011年10月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『銀河鉄道の夜』のレビューをもっとみる

『銀河鉄道の夜』にハルノさんがつけたタグ

再読情報 [1回]

  • 2012年4月8日

    グスコーブドリの伝記の映画ニュースをTVで見る→同じく猫の擬人化で描かれた銀河鉄道の夜のアニメ映画を久しぶりに観たくなる→手元にないので小説を読もう→あっ、文庫買ってなかったんだ→唯一あるこの絵本を読む。という過程で再読したのだが、残念なことに物語を堪能したかったせいで挿絵が邪魔になってしまった。清川さんのアートワークの素晴らしさを貶めないためにも、早く文庫を手に入れたい。ジョバンニが事あるごとに胸が冷やっとするような感情を抱くのは、これから知ることになるカムパネルラのしたことを薄々感じてたからだろうか。

いいね!してくれた人

ツイートする