ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)

3.65
  • (486)
  • (474)
  • (970)
  • (95)
  • (16)
本棚登録 : 5072
レビュー : 519
制作 : 野崎 孝 
yumiieさん  未設定  読み終わった 

ひとつ前に読んだ「九つの、物語」(橋本紡著)の中に挿入されていた
古典文学の短いお話「コネティカットのひょこひょこおじさん」の著者が
J.D.サリンジャーであることと、このお話はサリンジャーによるその他の
お話と共に、九つの短編が収められている「ナイン・ストーリーズ」という
短編集の本であることを同時に知り、「九つ」と「ナイン」の二つの本との
巡り合わせにも心動かされて読んでみました。

・バナナフィッシュにうってつけの日
・コネティカットのひょこひょこおじさん
・対エスキモー戦争の前夜
・笑い男
・小舟のほとりで
・エズミに捧ぐ――愛と汚辱のうちに
・愛らしき口もと目は緑
・ド・ドミーエ=スミスの青の時代
・テディ

それぞれ単独の短いお話で、どのお話の中にも幼児くらいの小さな子供や
十代の少年少女、あるいは二十歳を超えたくらいの若い青年が登場します。
(登場しないお話も若干あり)その少年少女たちに向けられている、著者
サリンジャーの眼差しはとても穏やかで柔らかく、愛おしささえ感じる
優しい空気に包まれていました。けれどもその一方で、大人な人の心に潜む
言い知れぬ孤独感のようなもの悲しい空気も漂い流れていて、どのお話も
人肌ほどの柔らかな温かさと、人恋しくなるようなもの寂しさとが交差して
たゆたっているように感じられました。

ちいさな子たちや少年や少女は決してみな主人公ではありません。
(中には主人公もいます)けれどもこの子たちこそがお話の中での重要な
キーパーソン。著者サリンジャーは、子供たちの姿を借りて、読む人への
メッセージを込めていたのかしら...と、ふとそんなふうに思えたお話が
いくつかありました。中にはサリンジャーご自身をなぞらえているのかも...と
思えてしまうようなお話もあったり。(「笑い男」の私。「エズミに捧ぐ」の私。)
サリンジャーの著作を読むのはこれが初めてで、何の予備知識もないまま
読んだのに、九つのお話どれにもどこかになぜかしらサリンジャー自身が
いるように思えてなりませんでした。不思議。

「バナナフィッシュにうってつけの日」に続くお話と「ライ麦畑でつかまえて」
読んでみたいです。

レビュー投稿日
2018年3月10日
読了日
2018年2月7日
本棚登録日
2018年2月28日
15
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする