冬の夜ひとりの旅人が (ちくま文庫)

3.72
  • (39)
  • (24)
  • (67)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 370
レビュー : 18
制作 : Italo Calvino  脇 功 
次郎さん 海外文学   読み終わった 

小説について語られる言葉が語り尽くされた本書について、これ以上何を語ればいいのだろうか。「小説のいくつかの書き出しだけで構成されたひとつの小説(これすら本文中の引用だ)」である本作は、多数の小説の断片とそれを結ぶ一つの物語から成り立っている実験的な作品であり、物語の断片はどれも世界文学の模倣の様だ。そして幾度も語られる、本について語られる言葉は「こんな風に本を語ってみたい」という言葉を全て先取りされてしまった気分にさせられる。それでも本を読むこと、それを語る事は決して止められるものじゃない。続けよう。

レビュー投稿日
2013年5月13日
読了日
2013年5月13日
本棚登録日
2013年5月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『冬の夜ひとりの旅人が (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

『冬の夜ひとりの旅人が (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする