町田ひらくのおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

町田ひらくのおすすめランキングのアイテム一覧

町田ひらくのおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

sweet ten diary (TENMAコミックスLO)

72人が登録 ★4.00 5 レビュー
町田ひらく マンガ 2008年8月8日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,028

卒業式は裸で (いずみコミックス)

71人が登録 ★3.53 8 レビュー
町田ひらく マンガ 1997年5月 Amazon.co.jpで見る ¥ 946

黄泉のマチ (TENMA COMICS LO)

69人が登録 ★3.23 4 レビュー
町田ひらく マンガ 2006年10月14日 Amazon.co.jpで見る ¥ 967

幻覚小節 (いずみコミックス)

58人が登録 ★3.75 4 レビュー
町田ひらく マンガ 1997年8月 Amazon.co.jpで見る ¥ 885

Greenーout (いずみコミックス)

58人が登録 ★3.21 1 レビュー
町田ひらく マンガ 1998年7月 Amazon.co.jpで見る ¥ 885

たんぽぽのまつり (TENMAコミックス LO)

53人が登録 ★4.00 1 レビュー
町田ひらく マンガ 2009年12月26日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,080

Alice brand (ホットミルクコミックスシリーズ)

47人が登録 ★3.65 4 レビュー
町田ひらく マンガ 1998年11月 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,080

町田ホテル (F COMICS)

45人が登録 ★3.56 6 レビュー
町田ひらく マンガ 2002年4月 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,028

あじあの貢ぎもの (いずみコミックス)

44人が登録 ★3.63 2 レビュー
町田ひらく マンガ 2004年5月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 885

Anne friends (ホットミルクコミックス 156)

42人が登録 ★3.61 5 レビュー
町田ひらく マンガ 2003年3月 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,080

きんしされたあそび (いずみコミックス)

39人が登録 ★3.71 5 レビュー
町田ひらく マンガ 1996年6月 Amazon.co.jpで見る ¥ 870

11.1 (いずみコミックス)

38人が登録 ★3.38 2 レビュー
町田ひらく マンガ 2000年11月 Amazon.co.jpで見る ¥ 885

飼いね子 (TENMAコミックス LO)

28人が登録 ★4.80 2 レビュー
町田ひらく マンガ 2011年12月22日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,080

少婦八景 (TENMAコミックス LO)

18人が登録 ★4.50
町田ひらく マンガ 2014年7月18日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,156

Hのある風景 2 (光彩コミックス)

5人が登録 ★5.00
ほりほねさいぞう マンガ 2003年11月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 946

激しくて変 1 (光彩コミックス)

5人が登録 ★3.00
町田ひらく マンガ 2000年5月 Amazon.co.jpで見る ¥ 946

激しくて変 4 (光彩コミックス)

5人が登録 ★3.00
町田ひらく マンガ 2001年6月 Amazon.co.jpで見る ¥ 946

Hのある風景 3 (光彩コミックス)

4人が登録 ★3.00
町田ひらく マンガ 2004年2月29日 Amazon.co.jpで見る ¥ 946
全23アイテム中 1 - 20件を表示

亀のジョンソン (KCデラックス BE LOVE)

大島 安希子

ペットは家族。亀とアラサー女子の痛快、同居ライフ!

ひょんなことから、亀(クサガメ)を飼い始めた主人公、はるか。亀の名は、ジョンソン。
初めてづくしながら、一生懸命ジョンソンを理解しようと必死なはるかに対し、そんなこともお構いなしに傍若無人でマイペースなジョンソンののやりとりは、さながらコントのようです。
そして結局はるかが折れるかたちで決着がつきますが、ペットは家族で可愛い存在なので、振り回されても許してしまうその気持ちもわかる気がします。
またその他にも、偶然知り合ったカメ友達たちがジョンソンに負けず劣らずユニークで、亀の生態や豆知識をはるかに助言しながら、熱いカメ愛をぶつけてきます。いい人たちですが強烈です。
亀の意外な姿、そしてペットと暮らすことの楽しさを感じられる作品です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする