夜明けの街で (角川文庫)

  • 13055人登録
  • 3.30評価
    • (412)
    • (1330)
    • (2013)
    • (594)
    • (116)
  • 1240レビュー
著者 : 東野圭吾
  • ¥ 734
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043718085

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夜明けの街で (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1日で読み切った。
    不倫は地獄。その通りだと思う。
    辞めなければならないのはわかっているが辞められない。一度知ってしまった蜜の味を忘れられない。
    ひとときの幸せの為に色んな不幸が積み重なる。

  • 図書館で借りた本。
    不倫するやつなんて馬鹿だと思ってた。ーこの冒頭で始まる不倫と時効間近の殺人事件の話。不倫というもので失うものの大きさを想像しながらも、秋葉との不倫におぼれていく男。しかし秋葉にはとんでもない過去があった。

  • タイトルはサザンの有名曲の歌い出しから。
    その曲のテーマ通り不倫話。
    歌詞の場所や曲そのものが度々作中に出てくる。

    結局あと腐れ無くいっ時の不倫ができた、という妻帯者の夢では。
    魅力的で訳ありなお嬢様はまこと都合のいい女。
    ストーリー性があまり無いような。

  • 巷で話題の不倫話。
    男の人にオススメなんちゃう?
    なんか、とってもミステリー小説だとは思えない。
    うーん、女は怖い生き物!
    結局、ズルズル逃れられないのが不倫!
    心に時効はないって言葉が、ドキッとした。

  • 東野圭吾さんですが、ミステリ要素より、人間(特に男性)の心理変化がおもしろかった。

    不倫など何らかの障害がある恋が描かれるとき、それは甘く切ないものだとされがち。しかしこの作品は、不倫男性視点で描かれながらも、その心理の無様さが微かににおってくる。

    不倫に対し短絡的に本気になり、ムキになるのに結局は逃げたくなる。

    恋愛小説が苦手な人におすすめです。

  • 東野圭吾作品を読むからには、謎解きを楽しむ読み方になる。本書については、半分過ぎるまで、どういう結末か予想が全くつかなかった。これを恋愛小説と読むならそれでいいが、濃厚な話の展開に、少し余分に長すぎないかと思わないでもなく、読み進めて行くと、最後に畳み掛ける。その最後の謎解きの寸前に、おそらくこうだろうという結末を予想したが、それでも少し、良い意味でこちらの予想の上を行く決着だった。なるほどと納得。もちろん、満足。面白かった。最後に足されていた小編が必要だったのかは良くわからない。あってもなくてもどちらでも良かった。どういう意図が著者にあったのだろう。

  • 斜め読み
    主人公の不倫に溺れていく姿は、よく書かれていたが、んー、そうだったのか利用するには、不倫に深入りしすぎだな

  • 渡部の視点で語られていく物語は、淡々と不倫や過去の事件の真相がわからない渡部の苦悩を描いていく。
    長期間、心の奥底に秘密を抱えたまま生きていくことは並大抵ではない。
    必死に守ってきた闇の深さに、いつしか秋葉自身もその闇に侵食されていく。
    人を信じられず、それでも信じたいと思う心はあって・・・。
    結婚という形態において、ただ真っ正直であればいいというのは少し違う気がする。
    妻の有美子が何かをしたわけではない。
    原因はすべて渡部にあるにもかかわらず、苦しまなければならない有美子の押し殺した怒りが怖かった。
    穏やかに振る舞えば振る舞うほどに、破壊されたサンタに込められた想いが怖ろしい。
    時効が迫る中、揺れ動く登場人物たちの心情と事件の真相は読みごたえがあった。
    流されるようにした選択も、思いを決めてした選択も、結局はすべてが自分自身へと降りかかっている。
    できれば「あの時に戻りたい」と思わずにいられるような人生を送りたいと思う。

  • 中盤まで、これはミステリーなのか?恋愛小説なのか?と分からない展開。
    だからなのか、読みやすくはありました。
    そして、最後の”えっ?”と思わず言ってしまう展開。
    物語の終盤に向かって先を知りたい!という気持ちにさせてくれます。
    舞台が横浜、桜木町なのも個人的に好き!
    ただ、予期できる展開でもあったから★3つ´`

  • 不倫にのめり込む会社員 相手は同僚
    しかし、不倫相手は15年前に父の不倫相手を殺した疑惑がある。
    真実は父の不倫相手の事故死だったが、父と本当の不倫相手
    は娘が殺したと勘違いする。

  • なかなかドキドキさせられる内容でしたね。
    主人公と同年代の男としては
    憧れもありつつ、恐れも抱きつつ・・・

    で、最後は、それかい!
    というところでしたね(笑)
    映画化されてたんだ。。。
    観てみたいけど、時間がねぇ。。。

  • あ!そうだったんだ〜〜と最後まで騙されていたあたし。内容はまあまあだったかな。

  • 不倫する人を馬鹿にしていた主人公が不倫に溺れつつ、不倫相手が殺人犯と疑われはじめ、色々な葛藤に苛まれる話。不倫する人は馬鹿だと思ってる私からしたら痛快(笑)

  • あまり東野圭吾さんを読まないので、久々。
    読み始めは、
    石田純一さんが出てきそうな、ちょっと昔のトレンディな感じの不倫の仕方だな・・・
    男性が憧れる不倫って感じだな・・・
    と思ってたら、ミステリーっぽくなってきて。
    でも最終的に割とリアルに男の人がぞっとする不倫のお話でした。
    夢を見てたような。

  • ハッピーエンドな話が読みたい。東野圭吾疲れてきた

  • 不倫小説かと思っていたらミステリ小説だったという…

  • 『片想い』の後に読んだせいか、軽口で、やや物足りなかった。ライトノベル以上、文学未満という感じ(ライトノベルを馬鹿にはしませんが、『東野圭吾』という書き手に期待し過ぎたと思う)。
    「不倫」という題材はドラマ性も高く、過去にも多くの作家が物語にしてきた。だからこそ、もう少しシリアスに描いた作品を読みたかった。ミステリの仕掛けも今一つ。
    サザンの『ラブアフェア』を念頭に置いて執筆されたのだろうが、それも安直過ぎて白けた。
    ただし、ライトタッチだからこそ呼べる共感や、スピード感は評価できる。
    読者を最後まで惹き付ける筆力はさすが。

  • 最後まで騙されてしまった。最後の真相にはそこまで驚かなかったが、最後のシーンまで明らかにならなかった妻や不倫相手の感情が描かれたシーンでは少しゾッとした。女の人は男が思ってるより怖いなと改めて思いました(笑)

  • ドラマものかと思ったらミステリー(^^;;
    登場人物の母親の状態が同じ筆者の小説の登場人物と同じような(^^;;
    で、こういう終わり方か…と。
    ちょっと消化不良です。

全1240件中 1 - 25件を表示

夜明けの街で (角川文庫)に関連する談話室の質問

夜明けの街で (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夜明けの街で (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜明けの街で (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜明けの街で (角川文庫)の作品紹介

不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる-。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜ちた。2人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。彼女は真犯人なのか?渡部の心は揺れ動く。まもなく事件は時効を迎えようとしていた…。

夜明けの街で (角川文庫)の単行本

ツイートする