東野圭吾のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。
1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。
1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。
2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞する。


東野圭吾のおすすめランキングのアイテム一覧

東野圭吾のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

容疑者Xの献身 (文春文庫)

28815人が登録 ★4.19 2735 レビュー
東野圭吾 2008年8月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

白夜行 (集英社文庫)

26506人が登録 ★4.05 2852 レビュー
東野圭吾 2002年5月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,080

手紙 (文春文庫)

25961人が登録 ★3.83 2630 レビュー
東野圭吾 2006年10月 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

秘密 (文春文庫)

23929人が登録 ★3.91 2497 レビュー
東野圭吾 2001年5月 Amazon.co.jpで見る ¥ 734

探偵ガリレオ (文春文庫)

21192人が登録 ★3.46 1945 レビュー
東野圭吾 2002年2月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 605

予知夢 (文春文庫)

17899人が登録 ★3.40 1379 レビュー
東野圭吾 2003年8月 Amazon.co.jpで見る ¥ 594

さまよう刃 (角川文庫)

16163人が登録 ★3.76 1592 レビュー
東野圭吾 2008年5月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 761

赤い指 (講談社文庫)

15387人が登録 ★3.66 1332 レビュー
東野圭吾 2009年8月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 605

幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))

14554人が登録 ★3.79 1195 レビュー
東野圭吾 2007年3月 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,037

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

13989人が登録 ★3.49 1320 レビュー
東野圭吾 1998年3月13日 Amazon.co.jpで見る ¥ 810

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

13828人が登録 ★3.43 1292 レビュー
東野圭吾 1999年5月14日 Amazon.co.jpで見る ¥ 659

悪意 (講談社文庫)

13260人が登録 ★3.60 1309 レビュー
東野圭吾 2001年1月17日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

変身 (講談社文庫)

12942人が登録 ★3.46 1328 レビュー
東野圭吾 1994年6月6日 Amazon.co.jpで見る ¥ 659

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

12852人が登録 ★3.55 1343 レビュー
東野圭吾 2012年7月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 782

時生 (講談社文庫)

12665人が登録 ★3.75 1259 レビュー
東野圭吾 2005年8月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 832

夜明けの街で (角川文庫)

12561人が登録 ★3.30 1195 レビュー
東野圭吾 2010年7月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 679

卒業 (講談社文庫)

12303人が登録 ★3.22 1122 レビュー
東野圭吾 1989年5月8日 Amazon.co.jpで見る ¥ 637

宿命 (講談社文庫)

11949人が登録 ★3.49 1101 レビュー
東野圭吾 1993年7月6日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

分身 (集英社文庫)

11208人が登録 ★3.46 955 レビュー
東野圭吾 1996年9月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 751

流星の絆 (講談社文庫)

10751人が登録 ★4.04 804 レビュー
東野圭吾 2011年4月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 940
全255アイテム中 1 - 20件を表示

東野圭吾に関連する談話室の質問

「東野圭吾」を談話室で検索する

東野圭吾に関連するまとめ

ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)

北川恵海

大ヒットしたデビュー作に続くお仕事小説

前作でデビュー作の「ちょっと今から仕事やめてくる」が40万部突破の大ヒットとなった北川恵海さんの2作目は、世間で注目を浴びる売れっ子漫画家や人気上優を裏から支えるヒーローズ(株)の働く人たちにスポットライトを当てた作品です。
前作では、ブラックな職場から脱出するというテーマで書かれており、今作では無色透明で平凡な人が少しずつ変化していくストーリーです。
前作同様にお仕事小説であり、前作と同様に多くの人が共感出来る要素がある作品となっています。
最後のあとがきを読めばわかりますが、大ヒットした後の作品ということで2作目を作る上でかなり悩まれたようです。そうした新人作家の心も感じ取れる作品で、前作の「ちょっと今から仕事やめてくる」とセットでこの『ヒーローズ(株)!!!』は読んでいただきたいです。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする