東野圭吾のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。
1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。
1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。
2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞する。


東野圭吾のおすすめランキングのアイテム一覧

東野圭吾のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

容疑者Xの献身 (文春文庫)

29146人が登録 ★4.19 2756 レビュー
東野圭吾 2008年8月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

白夜行 (集英社文庫)

26817人が登録 ★4.04 2878 レビュー
東野圭吾 2002年5月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,080

手紙 (文春文庫)

26309人が登録 ★3.83 2661 レビュー
東野圭吾 2006年10月 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

秘密 (文春文庫)

24244人が登録 ★3.92 2518 レビュー
東野圭吾 2001年5月 Amazon.co.jpで見る ¥ 734

探偵ガリレオ (文春文庫)

21416人が登録 ★3.46 1956 レビュー
東野圭吾 2002年2月10日 Amazon.co.jpで見る ¥ 605

予知夢 (文春文庫)

18091人が登録 ★3.40 1392 レビュー
東野圭吾 2003年8月 Amazon.co.jpで見る ¥ 594

さまよう刃 (角川文庫)

16353人が登録 ★3.76 1607 レビュー
東野圭吾 2008年5月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 821

赤い指 (講談社文庫)

15582人が登録 ★3.66 1342 レビュー
東野圭吾 2009年8月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 605

幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))

14749人が登録 ★3.79 1208 レビュー
東野圭吾 2007年3月 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,037

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

14181人が登録 ★3.49 1330 レビュー
東野圭吾 1998年3月13日 Amazon.co.jpで見る ¥ 810

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

14019人が登録 ★3.43 1299 レビュー
東野圭吾 1999年5月14日 Amazon.co.jpで見る ¥ 659

悪意 (講談社文庫)

13458人が登録 ★3.60 1323 レビュー
東野圭吾 2001年1月17日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

変身 (講談社文庫)

13121人が登録 ★3.46 1333 レビュー
東野圭吾 1994年6月6日 Amazon.co.jpで見る ¥ 659

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

13060人が登録 ★3.55 1355 レビュー
東野圭吾 2012年7月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 782

時生 (講談社文庫)

12838人が登録 ★3.76 1274 レビュー
東野圭吾 2005年8月12日 Amazon.co.jpで見る ¥ 832

夜明けの街で (角川文庫)

12748人が登録 ★3.30 1212 レビュー
東野圭吾 2010年7月24日 Amazon.co.jpで見る ¥ 734

卒業 (講談社文庫)

12486人が登録 ★3.22 1136 レビュー
東野圭吾 1989年5月8日 Amazon.co.jpで見る ¥ 637

宿命 (講談社文庫)

12106人が登録 ★3.49 1111 レビュー
東野圭吾 1993年7月6日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

分身 (集英社文庫)

11361人が登録 ★3.45 972 レビュー
東野圭吾 1996年9月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 751

流星の絆 (講談社文庫)

10954人が登録 ★4.04 817 レビュー
東野圭吾 2011年4月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 940
全264アイテム中 1 - 20件を表示

東野圭吾に関連する談話室の質問

「東野圭吾」を談話室で検索する

東野圭吾に関連するまとめ

亀のジョンソン (KCデラックス BE LOVE)

大島 安希子

ペットは家族。亀とアラサー女子の痛快、同居ライフ!

ひょんなことから、亀(クサガメ)を飼い始めた主人公、はるか。亀の名は、ジョンソン。
初めてづくしながら、一生懸命ジョンソンを理解しようと必死なはるかに対し、そんなこともお構いなしに傍若無人でマイペースなジョンソンとのやりとりは、さながらコントのようです。
そして結局はるかが折れるかたちで決着がつきますが、ペットは家族で可愛い存在なので、振り回されても許してしまうその気持ちもわかる気がします。
またその他にも、偶然知り合ったカメ友達たちがジョンソンに負けず劣らずユニークで、亀の生態や豆知識をはるかに助言しながら、熱いカメ愛をぶつけてきます。いい人たちですが強烈です。
亀の意外な姿、そしてペットと暮らすことの楽しさを感じられる作品です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする