予知夢 (文春文庫)

  • 18596人登録
  • 3.40評価
    • (708)
    • (2161)
    • (4242)
    • (430)
    • (49)
  • 1416レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 文藝春秋 (2003年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167110086

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

予知夢 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「夢想る(ゆめみる)」母さんの秘密のために…。
    「霊視る(みえる)」ガリか…。
    「騒霊ぐ(さわぐ)」怖いけど、旦那さんの霊が教えてくれたんだと思いたい。
    「絞殺る(しめる)」命がけの愛、ガリレオの優しさに涙。
    「予知る(しる)」予知夢は本物だったんだ?

  • 摩訶不思議なことが次々起こるガリレオシリーズ短編集です。

    久しぶりのガリレオシリーズ。
    湯川さんが個性派イケメンでいい味を出してます。
    脳内映像はすっかり福山さんで再現されてるため、イケメンっぷりに少しミーハーな気持ちになりつつ読了しました。

    科学的なトリックについて、説明されてもいまいち理解できてない部分もあるんですが、科学や視点の切り替えで謎が解き明かされるのはおもしろいですね。

    その一方でミステリーはそのままに、という部分があるのも余韻が残っていいですね。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    深夜、16歳の少女の部屋に男が侵入し、気がついた母親が猟銃を発砲した。とりおさえられた男は、17年前に少女と結ばれる夢を見たと主張。その証拠は、男が小学四年生の時に書いた作文。果たして偶然か、妄想か…。常識ではありえない事件を、天才物理学者・湯川が解明する、人気連作ミステリー第二弾。

  • 面白かった。

    ミステリーって面白いじゃんて思った。

    福山のイメージも頭から離れ、
    佐野四郎のような、もっとイケメンのような
    湯川が僕の中にはぼんやりと居ます。


    この中では、第一章の夢想る(ゆめみる)が一番好き。
    ちょっと鳥肌立っちゃった。

    おすすめ。

  • 【長男蔵書】奥付を見ると2007年に重版されたもの。今回は湯川助教授の推理を基に犯人逮捕につながる話が多かった。なお、5話収録された短編だが、状況から科学者の湯川に頼らなくとも、著者の他作品に登場する刑事、例えば加賀なら解決できてしまうような話かも知れない。「騒霊ぐ」はポルターガイストに見える現象を解くという意味で湯川の登場はあり得た。「予知る」の最後は少女の予知とW不倫のなれの果てという意味でゾッとした。

  • 軽く読めて、面白い。
    湯川にからかわれている草薙が可愛くて好き。

  • 一番最後の話みたいな終わり方がとても好き。
    探偵ガリレオに比べて、理系っぽさというよりは……なんて言うんだこういうの。科学技術? 理工学? あれ、それって全部ひっくるめて理系なのかな……よく分かんなくなってきたけど、とりあえずそっちのネタを絡めた内容になってたってことを言いたかったんです! おしまい!

  • 作品作品は、遅い私でも一回の通勤で読める手頃さはあるけど、やはり入り込む前に終わってしまうのが私としては物足りないかな。

  • かなり前にドラマで見ましたが、内容や設定が微妙に変わってました。原作の方が面白いです。ドラマは、犯人逮捕までいきますけど原作は湯川の推理までで終わることもありますし、そもそも内海は全く出てきません。

  • ドラマを観てから原作を読了。

    不可解な事件でも、よくよく観察するとちゃんと科学的に解明できる。
    読者をオカルトちっくな導入部で惹き付けて、作者の理系の知識でもってトリックを解明する流れはすごくスムーズ!
    でもやっぱりガリレオは映像で見たいなぁ。科学の見た目の派手さが文字だと伝わらない。
    あと、原作の湯川先生ってまともすぎる。人間の感情も理解してるし、一般人と変わらない感じでパンチが足らない。
    草薙刑事は平凡すぎる。このシリーズに限ったことじゃないけど、刑事が無能すぎ。自分で考えるってことがなくて、個性がなく見える。

  • ほとんどがドラマで見ていたが、読んでみると文書は簡潔でドライ。読みやすかった。
    ドラマは1時間の枠に填めるため内容を肉付けしているが、そんなものなくても充分楽しめる。

  • 36
    安定の東野圭吾作品。しかもあの湯川先生シリーズとあっては間違いはない。
    細かい設定や物語の雰囲気よりも、とにかく科学的根拠からのアプローチによって一見超常現象としか考えられない事件を快刀乱麻で解決するエンターテイメントミステリー。
    科学的根拠は理解できなくとも、どんでん返しさえしっかりシナリオが通れば面白いもんだな。

  • さすが理系の書くミステリーはトリックが素晴らしい。ガリレオシリーズで東野圭吾のファンになった。

  • まあまあ面白い。ガリレオシリーズの二作目。前作よりオカルト色が強くなっている。イラストが無いので、多少分かりにくい表現がある。

  • 湯川先生のガリレオシリーズ2作目「予知無」です。読み抜けていました。

    8作目「禁断の魔術」を読んでから2作目に戻ると、湯川先生、草薙刑事ともに、初々しい感じがします。

    やっぱり、順番に読んで行った方が良かったかな。
    とは言え、十分にガリレオを堪能できました。

  • ガリレオシリーズ2冊目。
    今回も前作と同じく短編集。
    全ての話が一見霊の仕業や予知といった少しオカルト的な事件だが実際は科学的なトリックが全てあって面白かった。
    やっぱり東野さんの話は読みやすくて面白い。

  • ガリレオシリーズは短編が好きです。
    「予知る」のラスト、ぞくっとします。

  • ガリレオの短編集で5話入っている。
    少し話が苦しいかなー、と思わなくもないところ。例えば、最初の話は、偶然起こっても不思議ではないしなー。でも、面白いのは面白い。

  • ガリレオシリーズの第二巻、短編集。
    第一巻と同様、サクサクと読みやすく、面白い。
    ただ少々マンネリ感があるかな。

  • 『探偵ガリレオ』と一緒に読みました。
    サブタイトルの漢字を見て
    なんて読むのか予想するだけれども
    なかなか当たらない。。

    『容疑者X~』の文庫化を熱望。

  • 予知夢、火の玉、幽霊、ポルターガイスト…

    これら超常現象がミステリーに絡んでしまったら、
    いくら自由な東野さんでも、
    両手縛られてるようなもんでしょう?

    夢オチ厳禁!
    正体、枯れ尾花的オチもダメ。
    無論、幽霊犯人説もいかん。

    さて、どう出るのかな?
    わくわく♪

    む!
    私にはまだ馴染みが浅いのだが、物理学者の湯川教授の登場で、
    物理学と超常現象を見事に絡ませ、一本の美しい糸を織り上げた様な
    短編集に仕上がっている。

    不可思議な事件に最初、難色を示す湯川教授がめっちゃセクシー♪
    映像では
    『福山雅治』が演じていたらしいが、
    是非、観て見たいな~と思った。^^♪

  • ありえない!!というような事件が次々と起こり、
    その謎を湯川先生が鮮やかに解いていくミステリー。

    面白いです!私はドラマも原作も好きですが
    どっちかっていうと原作の方がすきです。

  • ガリレオシリーズ第二弾☆

    5編収録されていますが、どれも申し分なくおもしろいです。

    不可解な事件の真相が明らかになっていく・・・予想もしなかった真実に驚かされ、何かやるせない思いの残る結末に胸を打たれ。。

    短編とは思えない深さがあります。
    あっという間に読めてしまうのに、読み応えはたっぷり。
    もちろん読み終わった後の充実感も。

  • 夢想る(ゆめみる)
    霊視る(みえる)
    騒霊ぐ(さわぐ)
    絞殺る(しめる)
    予知る(しる)

全1416件中 1 - 25件を表示

予知夢 (文春文庫)に関連するまとめ

予知夢 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

予知夢 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

予知夢 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

予知夢 (文春文庫)の作品紹介

深夜、16歳の少女の部屋に男が侵入し、気がついた母親が猟銃を発砲した。とりおさえられた男は、17年前に少女と結ばれる夢を見たと主張。その証拠は、男が小学四年生の時に書いた作文。果たして偶然か、妄想か…。常識ではありえない事件を、天才物理学者・湯川が解明する、人気連作ミステリー第二弾。

予知夢 (文春文庫)の単行本

ツイートする