悪意 (講談社文庫)

  • 13856人登録
  • 3.60評価
    • (941)
    • (1803)
    • (2490)
    • (262)
    • (49)
  • 1354レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (2001年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062730174

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

悪意 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 意外性のあるストーリー。猫の毒殺の話しには自分も騙されたかも。

  • 自分の訪問後に元同級生の小説家が殺されたことを知った教師が、その記録を手記として記録する。しかし、そこには深い秘密が。

    加賀恭一郎シリーズ。悪意というタイトルはピンと来なかったが、終盤でその意味の深さに気づかされる。東野圭吾特有の技巧的すぎる部分はあるものの、真相を知ったあとにもう一度読みたくなる。

  • 二重、三重に包まれた殺人の動機とは。
    人間の複雑で論理的に説明できない感情、劣等感、嫉妬の物語。

  • 東野圭吾作品の中でも傑作の一つ。

    これほど読み終わった後タイトルに納得できる作品も珍しい。

  • 読ませます。皆が面白い、
    面白いというだけあって面白かった。

    文章によって植え付けられた人のイメージって、
    本当になかなか消えないものなんだなぁと思った。
    キャラクターの性格を優柔不断と書かずに
    優柔不断を表現する、
    粗雑と書かずに粗雑さを表現する、
    作家ってすごいなぁと思う。

    あと、学生時代の加賀氏の話を読んだときには
    教師を志したのにどうしてならなかったの?
    と思ってたので 一度は教師になったんだ、とわかった。

    それも、あまりいい思い出ではないようで、
    加賀氏だからといってなんでもできる、ってわけじゃないのね。

  • 二転三転や大どんでん返しは東野作品の最大の魅力だけれど、この作品のそれは一時も目を離せない程の緊張感で、もー、大満足!!
    野々口の告白の手記で、ようやく頂上にたどり着いたとホッとしたのも束の間、そこがまだまだ八合目だったと分かった瞬間の心躍る感じ。東野作品だなーっっ!!
    加賀と野々口の攻防戦、すごかったー。

    しかし、人ひとりの印象を操作するなんて、本当に簡単なことなんだな。
    たったひとつ嘘のエピソードを流すだけで、人の印象なんて簡単に白黒ひっくり返る。
    伝聞なんて、本当にあてにならないということ。
    加賀のようにたくさんの人から聞いた話を先入観を持たずに組み立てて、何が真実なのかを見極める力…磨かなきゃいけないなー。

    加賀の教師時代のエピソードは心が痛い。
    いじめっ子のところに行けと強要されたら…そりゃ、世界で一番会いたくない人間になるなー。剣道の指導というのも、やっぱり加賀は少しズレている。
    強い人には弱い人の気持ちが分からないんだなー。
    加賀のズレは若さゆえでもあったのかもしれないけれど、強い加賀はやっぱり教師には向いてなかったんだろうな。

  • テレビ化された阿部寛主演の新参者や麒麟の翼と同じ加賀シリーズの第4作です。

    作品は刑事の捜査報告と容疑者の手記から構成されています。だから必ずしも真実が書かれてはおらず、後半にかけての大どんでん返しが衝撃的で最初のほうから騙されてたなんて思いもよらず、すぐ読み返したくなりました。

    やはり犯人のとてつもない悪意がこの作品のカギであり、悪意が人をあそこまでさせてしまうのかと思うと、とても恐ろしい。一度その恐ろしさを感じてみてください。

    akamon

    本館2階学習室(日本の小説)913.6 Hi

  • ある種の復讐譚とでも言えばいいのだろうか。
    教師から刑事へと転職した理由とも絡まって、読みごたえはあった。惜しむらくは道具立てが古めかしくなってしまったところ。

  • 2転3転のどんでん返し。成功した友人は、いい人だったのか、本当に友人だったのか。立派で親切な人を、羨ましくて悔しくて、何の落ち度もないのに、不幸せを願ってしまう底意地の悪さを自覚してしまう。

  • タイトルそのものを浮き彫りにしていくような作品でした。
    加賀刑事自身の話も一部語られます。

    作中では1つの事件を扱いますが、序盤で犯人は明らかになってしまいます。

    犯人が捕まってからの方がストーリーのメインですね。
    半落ちから完落ち、そして完璧落ちという流れ、作品の進行には著者の工夫が感じられました。

    個人的な感じ方としては、読後感があまり良くなかったので、評価があがらないですが…
    加賀シリーズは好きです。

  • 面白かった!個人的に「誰が?」よりも「なぜ?」に軸足が置かれたミステリーが好み。本作は正に「なぜ?」の部分に重厚なミステリーが仕掛けられた作品。似たような趣向の作品に「半落ち」があるけれど、本作の方が断然面白かった。ただ、あまりにも動機をこねくり回しすぎなきらいがあったような気が…、最後の方は少しクドく感じた。もう少しシンプルでもよかったかな。

  • 人間の思い込みや、ファーストインプレッションってすごい。なんてことない話でイメージを植え付けることができると驚愕した。

  • 事件関係者の手記のターンと加賀刑事の捜査のターンを繰り返して、事件の全貌が見えてくるという作品。叙述トリックってやつかな

    ミスリードを誘うような部分もあり、途中から読むと「ん?これは誰だっけ?」とちょっとなったので、一気読みをおすすめします!

    加賀刑事シリーズが、シリーズ順読みできてないのが悔やまれます
    順番崩れてても充分楽しめてるけど、加賀刑事の過去の話とか気になる……

  • 普通のミステリーや推理ものとは違う切り口。人の心に潜む冷たいものにひやりとさせられる。

  • 人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼馴染である野々口修。

  • トリックの面白さではなく、人の悪感情に焦点が当たっている。

  • 加賀恭一郎シリーズ、最初の話から遡りの4冊目。
    先に発刊された「どちらかが彼女を殺した」が“第4の事件”でこちらが“第3の事件”なのは、加賀が練馬署の刑事だったり捜査一課の刑事だったりすることの整合を取っているからのようね。
    さて、このお話、被害者の友人の手記と加賀の独白が交互に語られる構成で、100頁も行かない内に「解決の章」になって、この後はどうなるんだろうって思わされたが、その後起訴するに足る証拠固めや動機の解明に費やされたお話も本半ばで犯人の「告白の章」となり、100頁を余して“真相”が明らかにされて更に驚かされる。
    そして残された頁を捲りながら、読者は「悪意」というこの本のタイトルの意味するところを考えさせられることになり、裏表紙には『超一流のフー&ホワイダニット』とあるが、確かに真の動機に辿り着いた時、その悍ましさに唸らされる。
    あれだけ犯人が思い描いたように警察が“真相”に辿り着くのかとか、そこで終わらずに加賀のようにその“真相”に疑いを持つ者が出てくるのかと考えると、ちょっとうまく作られ過ぎという感じはするが、一方、ここに来て、加賀が教師を辞めた理由が語られシリーズ物としての体を成して来るとともに、作中の人物の口を通して「人間を描く」ことについて語る作者の心持ちが表されて来たり、第1の事件から遡る面白さも感じた。

  • 序盤で犯人が分かるけど、最初と最後では犯人の印象が全く変わってしまってびっくりしました。

    過去の出来事が、こんな形で今を動かしていたとは全く分からなかったです。

    振り回されたし騙されたけど面白かったです。

  • 加賀シリーズ4作目

    犯人は序盤から判明している。
    ホワイダニット、
    何故殺したのかを
    突き詰めていくタイプ。
    あまり得意ではなかったが
    これは面白かった。
    ホワイダニット小説の名作ですね。

    文章で人の心を操作している。
    予め提示されていたら
    疑うけれど、
    自分の足で稼いだものは
    なかなか否定し辛いもの。
    でも加賀さんは騙されず。

    様々な人の証言や
    些細な会話の端から
    人物像がどんどん歪んでいって。

    何故なのかの疑問は
    全てタイトルにありました。

    2016.12.28 読了

  • 2016.12.17読了
    犯人を突き止めるのではなく、序盤で犯人が判明しちゃうっていう今まで読んだことのない展開でわたし的には新しかった!
    終盤では事件の真相が思っていたものと全然違って180°ひっくり返って、犯人の策略にうまく騙された〜って感じだった。
    本当にタイトル通りの純粋な「悪意」がすごく怖くて鳥肌ぞわっぞわ。
    真相に迫っていく加賀刑事もよかった☺︎☺︎

  • 加賀恭一郎のシリーズ。
    登場人物の手記や、インタビュー応答の形式で書かれているため、やや読みにくい箇所がある。


    ネタバレ注意

    登場人物のイメージを操作する小説家。
    これが犯行、動機の真相に迫るヒントだとは…。
    加賀さんの真実を追求する執念や、
    少しの違和感から180度違う展開を想像する力にも驚いた。
    最後までわくわくしながら読めた。

  • 読者も犯人にふりまわされましたね・笑
    犯人は殺人罪の他に名誉毀損にも該当するのか?

全1354件中 1 - 25件を表示

悪意 (講談社文庫)に関連するまとめ

悪意 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

悪意 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪意 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪意 (講談社文庫)の新書

悪意 (講談社文庫)の-

悪意 (講談社文庫)の単行本

ツイートする