悪意 (講談社文庫)

  • 14101人登録
  • 3.60評価
    • (948)
    • (1817)
    • (2506)
    • (264)
    • (49)
  • 1371レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (2001年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062730174

悪意 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人気作家、日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼馴染である野々口修。
    野々口のかつての同僚である加賀は、犯人の語らない動機を探る――。

    構成の見事さに舌を巻き、何度も東野さんの仕掛けた罠にひっかかっり、そしてたどり着いたラスト…。

    “『彼が恐ろしいと思ったのは、暴力そのものではなく、自分を嫌う者たちが発する負のエネルギーだった。彼は今まで、世の中にこれほどの悪意が存在するとは、想像もしていなかったのだ。』”

    作中作、『禁猟地』の一節が端的に物語る。
    シンプルすぎるタイトルの「悪意」。白い表紙に「悪意」から不気味ににじみ出る暗黒色。
    読了後、これ以上のタイトル、表紙はないだろうと思った。
    ただ圧倒されるだけのすさまじい悪意…。
    最近悪意のある報道について考えていた。
    そういう報道を見聞きするのは日常茶飯事、報道で事実は歪められるものだと次第に気づきつつあるけれど、それでも悪意は人の心を確実にむしばむ。
    でも、今の世の中に蔓延する大きな悪意も、そもそもは一個人の中の悪意に端を発するのだ。
    これほどの悪意を、なぜ人は他人に向けることができるのか。
    しばらく悶々と悩んでしまった。

    “いじめられる側としては、あまりの理不尽さに、ただ途方にくれるしかないのだ。”

    人気作家である東野さんには、理不尽に向けられる悪意を身をもって感じたことがあるだろうし、悪意によって人間性、作品が貶められることの無念さがわかりすぎるほどわかるのだろうなぁ。
    でも、こんな理不尽なことがあっていいのだろうか…。
    読むのに精神力が必要。でも本当にすごい作品だった。

  • 加賀恭一郎シリーズの4作目です。

    この「悪意」はこれまでと大きく違います。
    早々に犯人が分かってしまいます。「あれ?」と思うとそこから「動機」に対する執拗な推理が始まり、面白くて一気に読んでしまいました。

    「悪意」と言うタイトルがどう言う意味を持ってくるのかは読んでのお楽しみですが、何となくこの「悪意」が表すよう静かに、暗く、鬱々とした雰囲気が本文中に漂っている感じがします。

     今回でやっと、加賀が教員を辞め警察になった経緯が明らかになります。ここへきてやっと、しかもこの「悪意」で明らかにするとは・・・設定が合い過ぎていて恐ろしい。

     私的には、結末も東野さんの読者に対する「悪意」が感じられ、驚かされました。

    今の所、加賀恭一郎シリーズでコレが一番面白かった!!

  • 刺し違える、と言う言葉をフッと思った。

    いくら殺したいほど憎い人がいても、
    『殺人』のリスクって大きいよなぁ~

    いずれ自分だって、裁かれる。
    時に同じく『死』をもって償わねばならない場合だってある。

    それなのに、何故?
    人は人に『悪意』を持つのだろう?

    自らの命を犠牲にしてまで、
    地獄へ引きずり落としてやりたい!と思う程の『殺意』はどこから沸いてくるのだろう?

    物語では犯人はすぐに捕まった。

    だが、
    犯人はその『動機』を決して語ろうとはせず、
    黙々と、どこまで真実なのか釈然としない手記を書き綴るだけ。

    「私が殺しました。
     事件はそれで解決でしょう?
     ならば、それでいいじゃないですか。」

    捕えたはずの犯人ではあるが、
    何一つ、解決はされていないかの様なジレンマ。

    犯人の手記、関係者の証言、刑事の推理…

    バラバラなピースは細かな水蒸気となって、深い霧の様にますます視界を悪くしていくばかり。

    とにかく晴れた霧の向こう側が見たくて、やみくもに読み進めて、一気に読み終えてしまった。

    読後。。。

    最初から暗示をかけられていた自分に気付きいて愕然。

    東野ワールドおそるべし!

  • ジワジワと、殺人動機を暴いていく…恐るべし 加賀恭一郎!!怒濤の ラストでした。

  • 最後まで読まないと真実は分からない。
    最後まで読んでも本当に理解できたかどうかは分からない。

    東野圭吾さんの作品の中でも重い部類に入ると思います。

  • 東野圭吾作品の中でも傑作の一つ。

    これほど読み終わった後タイトルに納得できる作品も珍しい。

  • タイトルそのものを浮き彫りにしていくような作品でした。
    加賀刑事自身の話も一部語られます。

    作中では1つの事件を扱いますが、序盤で犯人は明らかになってしまいます。

    犯人が捕まってからの方がストーリーのメインですね。
    半落ちから完落ち、そして完璧落ちという流れ、作品の進行には著者の工夫が感じられました。

    個人的な感じ方としては、読後感があまり良くなかったので、評価があがらないですが…
    加賀シリーズは好きです。

  • 面白かった!個人的に「誰が?」よりも「なぜ?」に軸足が置かれたミステリーが好み。本作は正に「なぜ?」の部分に重厚なミステリーが仕掛けられた作品。似たような趣向の作品に「半落ち」があるけれど、本作の方が断然面白かった。ただ、あまりにも動機をこねくり回しすぎなきらいがあったような気が…、最後の方は少しクドく感じた。もう少しシンプルでもよかったかな。

  • 加賀恭一郎シリーズ、最初の話から遡りの4冊目。
    先に発刊された「どちらかが彼女を殺した」が“第4の事件”でこちらが“第3の事件”なのは、加賀が練馬署の刑事だったり捜査一課の刑事だったりすることの整合を取っているからのようね。
    さて、このお話、被害者の友人の手記と加賀の独白が交互に語られる構成で、100頁も行かない内に「解決の章」になって、この後はどうなるんだろうって思わされたが、その後起訴するに足る証拠固めや動機の解明に費やされたお話も本半ばで犯人の「告白の章」となり、100頁を余して“真相”が明らかにされて更に驚かされる。
    そして残された頁を捲りながら、読者は「悪意」というこの本のタイトルの意味するところを考えさせられることになり、裏表紙には『超一流のフー&ホワイダニット』とあるが、確かに真の動機に辿り着いた時、その悍ましさに唸らされる。
    あれだけ犯人が思い描いたように警察が“真相”に辿り着くのかとか、そこで終わらずに加賀のようにその“真相”に疑いを持つ者が出てくるのかと考えると、ちょっとうまく作られ過ぎという感じはするが、一方、ここに来て、加賀が教師を辞めた理由が語られシリーズ物としての体を成して来るとともに、作中の人物の口を通して「人間を描く」ことについて語る作者の心持ちが表されて来たり、第1の事件から遡る面白さも感じた。

  • 2016.12.17読了
    犯人を突き止めるのではなく、序盤で犯人が判明しちゃうっていう今まで読んだことのない展開でわたし的には新しかった!
    終盤では事件の真相が思っていたものと全然違って180°ひっくり返って、犯人の策略にうまく騙された〜って感じだった。
    本当にタイトル通りの純粋な「悪意」がすごく怖くて鳥肌ぞわっぞわ。
    真相に迫っていく加賀刑事もよかった☺︎☺︎

全1371件中 1 - 10件を表示

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

悪意 (講談社文庫)に関連するまとめ

悪意 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

悪意 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪意 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪意 (講談社文庫)の新書

悪意 (講談社文庫)の-

悪意 (講談社文庫)の単行本

ツイートする